<   2012年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ありがとう。

28日に、いただいたお花をご披露。
d0024220_1154636.jpg
まだわたしが作家になる前、もはや俳優になろうとは思っていなくて、けど演劇をやめる気もちにもならなくて右往左往していた中途半端な時代に、あなたには見どころがあると力強く励ましてくださって、なんとか仕事を見つけてやろうと奔走してくださった女優Kさんが、大切なご用事のためご実家に帰る予定を日延べして、こんな、まさしく「持ち重りのする薔薇の花束」をかかえて、いらしてくださった。そういう、美しい美しい花束です!
d0024220_1165044.jpg
俳優教室にいたころ、いや、その前も、その後だいぶ長い間も、わたしはいつも怒ってばかりいて、周りに喧嘩を売ってばかりいて、だけどなかなか買ってくれる人がいなくてくすぶってることが多かった。唯一、正面切ってその喧嘩を買ってくれたのが同期のNで、彼女の芝居を見た後に手紙で送ったわたしの暴言が納得できないと、わたしの家までやってきて、いっぱい喋ったあげく、とんがったわたしに言い負かされて泣かされて、それからは芝居の案内を送ってくるのをふっつりやめたのに、その後、わたしが初めて芝居を書いた時、毎日劇場に来て寒い寒い受付に座ってくれた。恥ずかしいから黙っていたけどわたしは一生この人に頭があがらないと思って、ああ、それからはとんがるのをやめようと思ったけどなかなか性格は直らなくて今でも直ってなくて今年も何度か人にあたって後悔したけど、そんな恥ずかしい経験が増えるたびにいつでも思い出す、心から尊敬している同期のNが、お祝いの会に行けないから、と届けてくれたお花です!

と、まあ、そういうふうに、会に来てくださった方、メッセージを送ってくださった方、お一人お一人に語りつくせぬ思いがあって、書き始めたらきりがないから、もうこれくらいにしておくことにいたします。
ほんとに、みなさま、ありがとう。

2012年、いろんなことがありました。
世の中を見渡せば気がかりなことばかり、気もちが暗くなるけれど、わたしの回りには小さくても強いあかりがいくつも灯って、こんなしあわせな年はなかったなあ。
2013年、わたしも、小さなあかりを灯したい。
ひとつでも多く。ひとつ消えたらふたつ。みっつ消えたらいつつ。
小さくていい。自分の手で。大切ないのちのために。

d0024220_11265483.jpg28日、ささやかな感謝のしるしとしてお配りした小さなおみやげをささやかにお見せして、今年は、さようなら。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by atohchie | 2012-12-31 11:29 | ひと/たび/であい

至福の時間【加藤健一ライブリハーサル潜入記】

28日のお祝いの会の前にあった、ものすごく楽しいことというのは、これでした。
加藤忍プロデュースによる年忘れ&年越しライブのリハーサル。
劇場でチラシを見つけた途端、
なにこれ!なんとゴージャスな企画!ぜったい行くー!
って思ったのだけれど、日時を見てあっという間に断念してしまいました。
しかしそこは私。諦めるにしたってそう簡単には諦めない。
お祝いの会の前に、リハーサルがあるというのをちゃんとききつけて、
同期のよしみで頼みこみ(いえ、頼みこまなくても快諾してくれたんだけれども)、
行ってきましたぁ。

いやはや、ゴージャス。
先日まで加藤事務所の公演にご出演の新井康弘さんのカホン(打楽器の名前です)や、『シュペリオール・ドーナツ』に主演された加藤義宗さんのシンセサイザーをバックに!なんと、バックに!(もちろん、お歌も聴けますよ)加藤健一さんの曲がたーくさん。
加藤忍も大人っぽい歌ばかりを熱唱。
ピアニストの鈴木永子さんは音のひとつぶひとつぶがキラキラ輝いて、
若いのにこれまた大人っぽい高畑こと美さんも、私たちの愛する後輩本多由佳ちゃんも、
それぞれに魅力あふれる役者さんたちの歌を、ゴージャスに可憐にきらびやかに彩るのでありました。

続きを読みますか?
[PR]
by atohchie | 2012-12-30 10:20 | みる/きく

天井知らず

今年の夏、15年の夢だった翻訳家デビューができ、それも22年間夢だった加藤健一さんとお芝居ができた。そもそもそのお話をいただいた昨年の時点で、いっぺんに二つも夢がかなうこと自体、嬉しすぎて飽和状態というかほとんど受け入れがたく、幻じゃないよね、幻じゃないよねと恐ろしかった。そしたら、永遠に来ない気がしてた夏がほんとに来て、ほんとに私が書いた言葉を加藤健一さんがしゃべっているところを毎日見ることができて、飽和状態の上にそんな光景を見たら、もう私はいっぱいいっぱいで、ふわんふわんになって生きていて、これ以上の嬉しいことないだろうな、ここがいくらなんでも天井だろうと思っていたら、小田島雄志先生に翻訳戯曲賞をいただくことになり、しかしそれについてなんだかほぼ平常心でいるようだったのは私としてはまったくなんというか、とっくのむかしに天井を越えていたので反応できなかったという感じだったのでしたけれども、ああ、まだ天井はきていなかったのだった。今日、加藤健一さんの呼びかけで、同期の加藤忍ちゃんと福ちゃん(名前かいていいかどうかわからないからニックネームね)が幹事をしてくれてお祝いの会。あの人やこの人にお会いできて嬉しくて嬉しくてほんとに私はずっとニコニコしてたと思うけどたぶん、でももっともっと嬉しさを表現したかったです。しかし私の能力をはるかに超えて、ありがたいことは天井知らずなのだった。いったい神さまは何をどう考えて、この世を作ったんだろう。私の力じゃ、もうこの感謝伝えられない。本当にどれだけありがたいか、嬉しいかを好きなだけ表現したらたぶんうまく言えなくて泣いちゃう。だからもちろん言いたいだけのことは言わなかったけど、みんなわかってくれたと思う。今は夜中だし(えっと、今ほんとは日付変わって29日の午前2時少し前)今日言わなきゃ言えなくなると思うから思いっきり言ってみよう。
わたしはー!加藤さんがーー!大好きです!!!!
今この、加藤さんが、といってるのは、加藤健一さんご本人のことなんだけれど、ご本人だけじゃなく、加藤さんのおかげで知り合えたたくさんたくさんたくさんの人たちや、たくさんのたくさんの作品や、たくさんのたくさんのいろんないろんなこと、たとえば加藤さんのおかげで私がわたしの中に蓄えることのできた力のことなんかも、全部合わせて。加藤健一さんを見ていると、喜びが服を着て歩いているみたいだ。加藤さんがうんとかわいがって育てた私の同期の加藤忍や、息子さんの義宗さんを見ても、私は喜びが服を着て歩いているみたいだ、と、思う。思って、ほんとにドキドキしてしまう。その喜びというのは、私の、喜びなんですよ。今、言ってるのはね。
今日はお祝いの会の前に、ものすごーく楽しいことがあったので、そのことは、明日書く。今日いただいた美しいお花の写真も、明日以降、載せます。今日はもういっぱいいっぱいだ。おやすみなさい。ありがとう。
[PR]
by atohchie | 2012-12-28 23:59 | きもち/ココロ/げんき

引き続き作業中

d0024220_22263110.jpgインクが切れて、駅前に買いに行った帰り道、夕日に照らされたセンダンの実が見事でした。
目当てのインクはお店に一本しか残ってなくて、年末にお買い物に来られる人が多かったのでしょうね。
2本欲しかったから残念だったけど、最後の1本を買えて良かった、これもなかったらとたんに大弱りするところだった、むしろぎりぎり間にあったんだ!と気づいたら、ホッとした気分になりました。あのあとも買いに来た人がいたかもしれない。弱っただろうなあ。
そして今日も、夕暮れの空、きれいでした。
d0024220_22281670.jpg

[PR]
by atohchie | 2012-12-27 22:29 | 缶詰召し上がれ(ご案内)

誰の仕業!?

玄関前に置いて、ごきげんな葉ボタン。
前から見ても後ろから見ても、かわいい。

……と、
思ってたのに、
今日はなんだか愛らしさが足りない。
何が足りないんだろ?
葉っぱがしおれてるわけじゃないのに
なんで元気がないんだろ?

近づいてまじまじと見て、やや!

葉ボタンに起きた事件を見ますか?
[PR]
by atohchie | 2012-12-26 21:41 | はな/みどり/そら

本日、開催 【絵本なお茶会】

絵本が大好きな大人や子どもが
それぞれにお気に入りの本をもちよって
お互いに読みあっこするという楽しい会を、始めてみました。

どなたでも大歓迎、とはいうものの
やっぱり子どもがチャンピオン。
今日のスターはTくんで、長ーいお話を
大きな声に小さな声、おじさんの声やおくさんの声を使い分けての大熱演、
みんなも身を乗り出したり、耳をふさいだり、笑ったりびっくりしたり大喜びでした。

他にも、懐かしいお話、
迫力のあるお話、
ゆかいなお話があったり
面白い短いお芝居や
言葉遊びの詩をみんなで声をそろえて読んでみたりもしました。

ああ、絵本って、なんて素敵。
楽しすぎて、お茶とお菓子の写真を撮るのを忘れちゃった。

今日のお菓子は二種類で
「三輪さん(という、以前わたしが住んでいた家のご近所さん)のケーキ」
に泡だて生クリームといちごを添えたのを会の最初に食べて

途中の休憩で、今朝、京都から届いた
北山のすてきな紅茶屋さんのフルーツパウンドケーキを食べました。

お茶はケーキと一緒に届いた紅茶屋さんのおいしい苺キャラメルティー、
子どもたちには信州松本のりんご農家のおいしいりんごジュース。

大人も子どもも、絵本が好きなあなた、お友だちを誘って、
次回のお茶会、お越しになりませんか?
[PR]
by atohchie | 2012-12-25 22:16 | ひと/たび/であい

クリスマスのご馳走

今年、私から家族へのクリスマスプレゼントは
鶏と、ケーキ。
よけいな買い物はしないが吉だしね。
……と、いうことにはしていたけれど、
クリスマスの飾りの周りに
なんにもないのは寂しいから、
既にプレゼントしてた戯曲集も、
頼まれて買ってきたコーヒーシュガーも
ありあわせの材料できれいにラッピング。
両親の家に届いた暮れの贈り物から
おすそわけの小さな瓶入りのはちみつや
上等のお酒、みんなきれいにラッピング。
「ありあわせでラッピング」に関して
私の才能は並々ならぬものがあると思っております。
姉たちもプレゼントを持ってきてくれて
楽しいパーティーできました。
それでも私からのほんとのプレゼントは鶏とケーキで
たいへんに気合を入れて、焼きました。

鶏とケーキとラッピングを見ますか?
[PR]
by atohchie | 2012-12-24 23:53 | ごはん/おちゃ/おかし

本日、ドタバタ亭

朝おきて、最低限の掃除と、片づけをして作業場を作り
カレーを仕込み、さつまいもを焼きながら、作業開始。
午後1時15分前、助っ人現る。
お昼を食べて作業開始。
作業、作業、作業、ときどき、お喋り。
のち、おやつ。
ふたたび作業、作業、ときどき、お喋り。
一時、朗読(手を動かしながら、誰かに本を読んでもらうのはとってもよいものです)。
夕飯。
作業。作業。ときどき、お喋り。
終電間近。急にあわてて、助っ人さん帰る。
そんな一日。
助っ人ワカメちゃん、実に10時間の労働でした。
ほんとにありがとう。
とっても楽しかった。

今日のご飯を見ますか?
[PR]
by atohchie | 2012-12-23 23:54 | 缶詰召し上がれ(ご案内)

明日から発送します

本日、朝は冷たい、冷たい雨。
午後になってあがったので
昨日作った荷物を出しに自転車でさっと行ってきました。
間瀬さん、おだぎりさん、明日届きますよ!
そのほかの皆様には、明日から発送作業です。
頼もしい助っ人、いつも困ったときには現れてくれるワカメちゃんも来ます。
なんどもSOSを発して、そのたびに助けてもらっているけど
ワカメちゃんが家に来るのに、何一つ料理の仕込みをしていないなんて
今回が初めて。どれだけバタバタしているか、だなぁ。
ワカメちゃんにお願いする作業の下準備をするので、今日は精いっぱい。
ご飯は明日の朝から、カレーを作る予定。
d0024220_23555991.jpg

冷たい雨があがって、葉ボタンのうえのしずく、きれいでした。
[PR]
by atohchie | 2012-12-22 23:57 | 缶詰召し上がれ(ご案内)

と・ど・い・た・!

d0024220_22555183.jpg
40冊入りの箱が17。
20冊入りの箱ひとつ。
初めは、「僕ひとりなので、部屋の中までは運べません」とおっしゃった配送のお兄さん、私が一つ一つ、いっしょうけんめい運んでいたら、気の毒に思ってくださったのでしょうね、「どこに置くんですか、いいですよ、やりますよ」と言ってくれた。
ああ、なんて親切なんだろう。
ひとさまの親切で、生きさせていただいています、阿藤智恵。
包装をびりびりと破いて、お礼に一冊、といいたいくらいだったけど、危ういところで思いとどまりました。
お礼になりませんわよね。
それでも箱、半分は私が運んだかなあ。
手がだるい。

箱を開けますか?(クリックしてください)
[PR]
by atohchie | 2012-12-21 23:07 | 缶詰召し上がれ(ご案内)


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル