<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

さよなら、柏崎!

d0024220_1627322.jpg

公演の翌日は、ひとりで物見遊山を楽しんで帰る心づもりでいましたら、これ以上ないお招きにあずかって、思いっきり遊んで参りました。ただいま帰りの上越新幹線にて、上下のまぶたが今にもくっつこうとしているところ。遊びのご報告は、また明日。
[PR]
by atohchie | 2012-04-30 16:27 | ひと/たび/であい

しあわせな男@柏崎

d0024220_17413238.jpg

公演と、そのあとの「作家のトーク(!)」が終了し、私は柏崎の町にさまよい出て桜を探しました。ほとんど執念と化した情熱によって撮った写真がこれ。見つかって良かった…

昨年の秋から、鶴ヶ島・演劇集団大河の『ささくれリア王【大河版】』上演、名古屋・群青ロンドと山形・劇団めざましどけい、ふたつの『中二階な人々』、早稲田大学の学生さんたちの『曼珠沙華』上演とテクスト研究、柏崎・劇団THE FOU 風の『しあわせな男』連続2回の公演…と、あちこちで上演が続き、さながら「阿藤智恵 再演まつり」とでも呼びたいしあわせな日々でした。まもなく始まる打ち上げでまつりは終わり、来月はきっぱりと缶詰にこもるのです。ああ、名残惜しい花の春、名残惜しい旅の日々。各地の皆さま、ありがとうございました。また会いに行きます。また遊んでくださいね。
[PR]
by atohchie | 2012-04-29 17:41 | ひと/たび/であい

この春最後のごちゃごちゃ亭

明日は柏崎公演で、一泊して帰ってきて5月に入ったら
完璧なる缶詰にかっちり閉じこもって暮します。
で、この春最後のごちゃごちゃ亭、
今日ははりきって、フルコースで楽しんでいただきました。
まずは犬と一緒に森の入口でお出迎え。
森は新緑まっさかり。
d0024220_2045683.jpg
木漏れ日のテーブルでランチをいただいたら
園芸師匠の「すごい庭」を見てもらい、
「日曜菜園」の草を刈って、ピーマンとパプリカの苗の植え付け、トマトの種まき。
ごちゃごちゃ亭に戻って冷たい飲み物を庭で。
庭用の種もまく。ひまわり、ゴーヤ、コリアンダー、モロヘイヤ。
坂道を降りて、駅のそばの大好きなカフェへ。
おいしいピザとパスタでゆうごはん。
おすすめデザートも食べてもらえて
よかったよかった、満足、まんぞく。

5月の缶詰を抜けたらすぐ夏で、夏の森は蚊が多すぎるし
ごちゃごちゃ亭は暑すぎるから、
次の開催は、もう、秋になってしまうのかな?
いやいや、梅雨入り前、梅雨の合間に、できたらいいな。

【この春最後のごちゃごちゃ亭 献立】
・師匠の筍ごはんのおにぎり
・ささみチーズ焼き
・きゅうりのピクルス
・大根と人参の塩麹漬け
・かぶれ菜の煮びたし
・南三陸の鮭の入ったポテトサラダ
・レタスとトマト

[PR]
by atohchie | 2012-04-28 20:53 | ごちゃごちゃ亭(お客さま)

鍼の日は

d0024220_2293517.jpg

早く寝るのです。
明日はこの春最後のごちゃごちゃ亭。
人参と大根の塩麹づけを作りました。
[PR]
by atohchie | 2012-04-27 22:09 | ひと/たび/であい

おととい、仙台で

石巻からバスで、仙台へ。
もう用事はなかったのだけれど、
こんなお花見日和をあとにしては帰れない。
d0024220_1614644.jpg
平日の昼間から、この大賑わい。
d0024220_162477.jpg
ずらり並んだ屋台で、おでんを一皿。
しだれ桜のテントの中で、いただきまーす。
d0024220_1622051.jpg
青空、桜。
d0024220_1655290.jpg
春、春、春の午後でした。
[PR]
by atohchie | 2012-04-26 16:09 | ひと/たび/であい

昨日、石巻で

d0024220_13445646.jpg
日和山公園に、連れて行っていただきました。
桜のむこうに、何度も映像で見た、石巻のまちがありました。
「どうですか?」と感想をたずねられたけれど、
ことばなんか出てくるはずがないのです。
きっとたずねた方だってそんなことわかってて
だけどきかずにいられなかったんだろうな、どうですか?ってさ。
坂を下って、階段を下りて、たおれた墓石がならぶ墓地のわきをとおって、
石巻のまちに立ってみました。
ほんの50メートルもいかないうちに、それ以上一歩も進めなくなった。
犬を連れて、歩いている人がいました。
テニスコートで黄色いボールをおいかけている人たちがいました。
ほんの数分でついたまちからは、山は見上げるように緑でした。
山の上で桜は華やかに咲いていて、たんぽぽは輝いていました。
d0024220_13425013.jpg
d0024220_13434235.jpg
d0024220_13442257.jpg
駅の方まで戻って、
去年からの約束だった、石巻のお寿司を食べに行きました。
石巻のその人は、お刺身が好きではないのです。
どうしても食べられないから、と、イクラと赤貝をこちらのお皿に載せてきたので、
かっぱ巻き二つ、かわりにあげました。
d0024220_13455857.jpg

[PR]
by atohchie | 2012-04-25 13:59 | ひと/たび/であい

石巻から帰ってきました

d0024220_22251769.jpg

帰りの満員電車と、
駅に着く直前の大雷雨で
すっかりくたびれたから日記は明日。
今日は朝は石巻、昼は仙台でお花見しました。
どちらも素晴らしいお花見日和でした。
[PR]
by atohchie | 2012-04-24 22:25 | ひと/たび/であい

訂正

先ほどの写真、しかくいのは「がんつき」じゃなくて、「がんづき」でした。間違い、まちがい。ごめんなさい。
[PR]
by atohchie | 2012-04-23 21:46 | ひと/たび/であい

石巻、渡波です

d0024220_20203970.jpg

d0024220_20203995.jpg

今日は渡波の仮設住宅を訪ねています。
名物「おくずかけ(お椀)」「がんつき(しかくいの)」「茶巾(さんかくの)」をいただいて、女どうしのおしゃべりをたくさん。
夕飯はソフトボール部で忙しいお嬢さんと一緒におしゃべり。
外は春の嵐。うちの中は楽しいよー。
[PR]
by atohchie | 2012-04-23 20:20 | ひと/たび/であい

さよならいわき!

d0024220_1236279.jpg

d0024220_1236257.jpg

今日案内していただいたのは、オーシャンビューの素晴らしいおうちが建っていた、場所。
地震と津波で失われたものは、おうちだけじゃない、この波音、この眺め、この風、この香り、そのすべてと共に営まれていた、隣近所みな仲良しで、いつだってみな一緒だった暮らしのすべてで、そしてそれはもう、失われた。暮らしは続くし、つながりはまた生まれて、育まれていくに違いないけれど、朝日に輝くあの海を見ながら子どもたちのお弁当を作ったあの朝は、もう決して蘇らないという、そのこと。

わたしに、わかったことは、わたしには、この取り残されたコンクリートのおうちの土台を見て、失われた暮らしを想像することは、できないということで、二人で同じ風に吹かれても、隣にいる人のすべてを満たしてあふれてくる豊かな何かに比べて、わたしの中は空っぽでした。

駅前まで送ってもらって別れたあと、おいしい海鮮丼をいただいて、さよならいわき。ありがとう。
この町が、今日もその渾身の力で、福島第一原発での懸命の作業を支えてくれていることを、お伝えしたいです。
[PR]
by atohchie | 2012-04-22 12:36 | ひと/たび/であい


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
emoticon-0171-star.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
emoticon-0171-star.gif1月23日
「どこそら会」
emoticon-0171-star.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
emoticon-0166-cake.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

人気ジャンル