<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

稽古、本屋さん、ばんごはん

今日は多摩センターの丸善にて本を探す。
「佐野洋子」はあったけど
「現代詩手帖」はない。
やはり取り寄せるしかないのか…

ばたばたしてはいるが
昨日の深い反省に基づき
夕飯はちゃんと作った。
メインはメカジキのムニエルを山盛りレタスと一緒に。
おかずがそんななのに、ご飯には梅干と納豆をのせて、
大根とにんじんと揚げのお味噌汁を並べて
これぞ現代ニッポンの夕ご飯ですよ。

さて芝居は、まだあと2週間稽古があったらと思ってしまう
これからが楽しい時期ではあるけれど
生徒たちにとっては、夢中で走り抜けて
明日が本番というのも悪くないのかも。
当日は、もうなんにも心配しないで、客席で楽しみます。
翌日の打ち上げにも参加させてもらう約束とりつけたし
何一つ憂うことはない、ぞ、と。
[PR]
by atohchie | 2011-04-30 21:49 | 缶詰開缶中(稽古場より)

稽古、打ち合わせ、反省。

これを書いている現在、4月30日0時40分。
このところ、家に帰ってからPCにはりついてしまって
寝るのが遅いです。
こんなことみんな言ってることだし今さらなんだけど
インターネットってす・ご・い!で!す!ね!
家にいてどんどん人の輪が広がっちゃう。
なんて素晴らしい力強い頭のいい行動力のある人がたくさんいるんだろう!

今日は演劇部の稽古を見て
走ってPスタジオに行って
だいぶん先の話になるんだけれど
来年の公演について小さな打ち合わせをして
本屋さんによって帰って
ご飯食べてそれから勉強とささやかな支援活動にいそしんだわけだ。

本屋さんで欲しかった本は手に入らなかった。
現代詩手帖の5月号(和合亮一さん「詩の礫2011.3.16-4.9」掲載)

佐野洋子(追悼総特集『文藝別冊』)
当然、店頭にばばーんと並んでいると思ったのだがなー。
うちで一番近い本屋さんで、なるべく本を買わなくちゃと思うんだけど
どうもイマイチ本好きさんの匂いがしない本屋さんなんだよねー。
この2冊をばばーんと置いているような本屋さんを支援したいぞ。
探そう。
とか言ってる間に手に入らなくなったら嫌だね。
慌てよう!

で、反省コーナー。
あんなに真面目にコツコツがんばっていたエッセイのお稽古と
ロシア語の勉強が滞って久しいです。
公演が終わったらしっかり計画を立て直して
またコツコツはじめます。
誰かのためにとか、誰かに頼まれてとか、誰かに要求されてとかで
やっているわけじゃないから、謝る相手もいないが、
どうにも謝りたい気もち。
謝っても、私が勝手に始めたものが私の勝手で滞ったからって
「いいよ」と許してくれる人もないけど
言わせてください。

言ってもいいですか?
[PR]
by atohchie | 2011-04-29 23:59 | 缶詰開缶中(稽古場より)

文化の役割について。対話の力について。

今日は稽古は一休み、勉強する日。

東京藝大で、大友良英さんの
「文化の役割について-震災と福島の人災を受けて-」という緊急講義
を聴き、
(フリーで聴講できてしまうんです、この、芸術情報特論。
なんて素晴らしいんだろう!)

そのあと、いつもの哲学講座でした。

とても、考える種をたくさんもらえた一日。
いや、種はもう私の中にあって
今日のお話は、肥料だったり、水だったり、日光だったりするんだろうな。
言われてみたら知っていたことだった、ということしか、
ぴかんと光らない。
人は、自分でわかったことしかわからないのかもしれないな。
だから、考えることは楽しい。

そんな、いちにち。
[PR]
by atohchie | 2011-04-28 23:41 | きもち/ココロ/げんき

初日あきました。

特別あたたかいお客様、補助席もすべて埋まって
私も客席に座れなかったほどの大賑わい。
すばらしい初日でした。
悪天候の中いらしてくださったお客さまに感謝!

客席に置かれた当日パンフを開演前に読んだら
私は今年の9月と、来年3月にそれぞれ新作を書くのだった。
パンフに載せるからとタイトルを出してあったから
当然知ってたことでしたが、
こうやってあらためて活字で見るとひしひしと
書くのだということが実感として迫ってきて
なんだかどこかでビックリしている自分がいるのだ。
この不思議な感覚。
[PR]
by atohchie | 2011-04-27 23:45 | 缶詰召し上がれ(ご案内)

本日の稽古

コントの稽古はお休みして、高校生の方に行ってきました。
今日は新入部員の一年生が見守る中の通し稽古。
ちょっとした空き時間にも、台本を読んだり、動きの確認をしたり
誰も休んでいない。顧問のI先生も、コーチのMさんもずっと忙しそう。
ま、私は忙しくしているのはほんの短時間で、
主として、忙しいみんなの様子を眺めているだけなんだけれど、
こうやって、一瞬の間も惜しみながら、
ひとりひとりが精いっぱいのことをして、本番まで夢中で過ぎていくのだ。
私はこの演劇部には出会ったばかりだけれど
本番前の空気はどの現場も同じだから、すぐに溶け込んでいる。
いや、本当は、流れを乱してないかな?とビクビクしながらだけど。
1年生たちは今日のお芝居、どう思ったかなあ。
[PR]
by atohchie | 2011-04-26 21:50 | 缶詰開缶中(稽古場より)

ただいま帰りです【稽古日記】

今日は明後日に初日を控えたPカンパニー・コント公演の稽古場、
午後1時半から10時半過ぎまでやってました。
途中で1時間ほど作業時間があり、
近所のカフェに仕事に出ましたが眠くて仕事にならなかった。
稽古自体は楽しいです。

お客様に笑っていただけますように。

明日はPカンはお休みさせてもらって高校生!
[PR]
by atohchie | 2011-04-25 23:20 | きもち/ココロ/げんき

稽古場はしごしました。

d0024220_04557.jpg家を9時に出て、
10:30から高校生の『十六夜の月』。
18:00終了して
19:20ごろスタジオPでコントの稽古。
22:30ごろ終了して
さっき家に着いた。
ね、眠い。

一日しかない『十六夜の月』
すてきな時間になりそう。
書くのがしんどくて、
引き受けなきゃ良かったんじゃないかと
何度も思ったこと、もう忘れかけてる。
でも覚えておくほうがいいな。
私の、これからのために。
[PR]
by atohchie | 2011-04-24 23:59 | 缶詰開缶中(稽古場より)

稽古行ってきました 【その2】

高校生の稽古いってきた~!
噂には聞いていたけど、ほんとに時間が足りない!
ギリギリ状態。
朝早い稽古が苦手な私が明日、
日曜日の朝10:30から参加することに決定。
大阪でもなんだかんだ忙しかったけれど
まったく別種の忙しさに突然身を投じて
わけがわからなくなっています。

しかし、本物の16歳とか17歳が
16歳とか17歳の役を演じるのを見るというのは
いくら稽古が足りてなくてもやっぱりすてきなんです。
ふふふふふ。
[PR]
by atohchie | 2011-04-23 22:26 | 缶詰開缶中(稽古場より)

稽古行ってきました【その1】

またまた昨日の話しになりますが
Pカンパニー・コント公演の稽古場に行って
通し稽古を見てきました。
作家抜きでもずんずん進んでいるようなら、
次は本番まで行かないつもりだったけど
ちょい、行ったほうがいいのかなという感触だったので
明日、あさって、行ってくる。

びっくりしたのは、長い間工事中だったスタジオ前の道が
開通していて車がどんどん走っていたことと、
すぐお向かいにスーパーができていたこと。
道、間違えたかと思っちゃいました。

昨日は、稽古の前に、久しぶりに太極拳の教室にも行き
稽古の後は、茅場町に、阿部一徳さんのお話を聞きに行ったのだ。
前から阿部さんはすさまじい俳優なのだが
もう、このところの破壊力と来たら圧倒されてばかりなのだ。
昨日も、あーこれ、世界中の演劇人にみせたいと思いました。
阿部さんと仕事したいっ!
お話の方は、珍しく未読の物語だったので、予習なしに出かけた。
文学(想像力)のもつ力と、同時に、その限界を考えさせられる体験になった。

今日は、これから高校生の稽古場。とても楽しみ。
[PR]
by atohchie | 2011-04-23 13:07 | 缶詰開缶中(稽古場より)

帰宅しました

d0024220_17224595.jpg

d0024220_17224555.jpg

植物のいくつかは枯れて、いくつかは元気いっぱい。マンション敷地内の桜も、ソメイヨシノは葉桜だけど、他は今を盛りの満開。他にもいろいろあると思うが荷ほどきもする暇なくて、とにかく支度してうちを飛び出して今日から哲学講座です。遅ればせながら本日より新年度開始、かな。

◆ごちゃごちゃ亭よりお知らせ…タケノコ掘りしたい人、若干名募集します。
[PR]
by atohchie | 2011-04-21 17:22 | きもち/ココロ/げんき


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル