<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ながいなまえ

フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督。
覚えたいのに、長くて覚えられない。
こういうのってどうやって覚えればいいんだろう。
名前が覚えられなくても、私よりずっと年下でも、とにかくリスペクトだ、リスペクト。
[PR]
by atohchie | 2007-06-29 22:33 | ひと/たび/であい

元気いっぱい

d0024220_2029444.jpgトマトです。
同じ大きさのプランターが4つ、
同じところにならべてあるのに、
毎朝、トマトだけがカラカラに乾いています。
それだけ、水をごくごく飲んで、成長しているんですよね。
かわいいです。
[PR]
by atohchie | 2007-06-28 20:30 | はな/みどり/そら

THE・ガジラ『かげろふ人』

森下 ベニサン・ピットにて演劇企画集団THE・ガジラ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・京都「かげろふ人」』。

鐘下美学の殿堂へようこそ!
刀がギラリ、血糊がどろどろー、吐しゃ物がビシャーッ、鮮血がピューッ!
かつて彼の元で演出助手をやった日々が懐かしくも遠い。
ところどころ恐くて目をぎゅーとつぶっちゃいました。
鐘下美学は私にとっては実は、時々不条理劇のようなんだけども、かくれファンの私にはそんなところもたまらないのだ。恐いけどまた見に行っちゃう。でも恐かった。鐘下さんの稽古場はほんとに楽しくて芝居好きの楽園みたいなんだけどね、きっと今回もそうだったんだろうと想像はできるんだけどね。ふぅ~ふぅ、ふぅ、恐かったよ。何度も息が止まっちゃった。
終演後、急いで学校に向かって、稽古場でみんなの顔をみたらホッとしたよ。
平和が一番。犬死はみじめだ。犬に失礼じゃないのかこの表現。
[PR]
by atohchie | 2007-06-27 21:42 | みる/きく

リーディング公演『AとBと一人の女』

信濃町 文学座アトリエにて【別役実のいる宇宙】リーディング公演『AとBと一人の女』。

しんと静まり返った空間で、緊迫感いっぱいのリーディング。
どんどん引き込まれて、気がついたら終わってました。
やっぱり、おかしくて、恐いお話でした。
とてもきれいな舞台だった。
仕事のあとの1時間、異次元に跳ぶ、といった感じ。
よかった。

【別役実のいる宇宙】はこのあとも2本立てのお芝居、もう1本のリーディング、シンポジウムとまだまだ続くのですが、そろそろ稽古が心配な私はここまでの参加。なんとも心残りです。
[PR]
by atohchie | 2007-06-25 23:41 | みる/きく

『犬が西むきゃ尾は東 ~「にしむくさむらい」後日譚』

信濃町 文学座アトリエにて【別役実のいる宇宙】『犬が西むきゃ尾は東 ~「にしむくさむらい」後日譚』

宇宙体験第3弾は、
ベテラン俳優さんたちが自由に、楽しげに宇宙遊泳なさっているのを
こちらから眺めているような、そんな舞台。
お話だけを追っていけば
悲しく、恐く、むなしくなってもおかしくないのに、なぜだかそれがこんなに楽しい。
すこし不思議な体験でした。
[PR]
by atohchie | 2007-06-23 23:57 | みる/きく

うちの子、その後

d0024220_15294254.jpg
あれから1ヶ月と少し。
こんなになりました。
日々成長する姿が
私の先生です。

先月の姿はこちら
[PR]
by atohchie | 2007-06-22 15:30 | はな/みどり/そら

2年目の夏

稽古が始まって、今日で1週間。
ずっともやもやしていた頭の中はこのところ急速に固まろうとしているのだが
でもなんかもひとつ、もひとつなところで
じりじりしてる。

最近何してるの?
と言われて
学生と芝居してます
と答えると
そんなばっかりじゃなくて、半年に一本くらい書きなよ
といわれるので
半年に一本、書いてます、だから、学生のを
と答える。

阿藤智恵と文化学院の「卵」たち、2年目の夏です。
[PR]
by atohchie | 2007-06-20 11:22 | 缶詰実験室(お芝居への道)

元気の素

いつも応援してくれる友人夫妻から、
稽古開始にあわせ、救援物資、届きました。

魚と、d0024220_11251535.jpg

野菜ね。
d0024220_11252731.jpg

ありがたいありがたい。
ありがたい。

ベランダでは、トマトの花が咲き出しています。d0024220_11255089.jpg
[PR]
by atohchie | 2007-06-19 11:25 | きもち/ココロ/げんき

リーディング公演『天才バカボンのパパなのだ』 

信濃町 文学座アトリエにて【別役実のいる宇宙】リーディング公演『天才バカボンのパパなのだ』。

おかしかった~。
満席の客席から出てくる人たちを、外の椅子に座ってしばらく見ていたんですが、みんな「面白かったね!」と口々に言ってました。
ほんとにおかしい。笑った笑った。
リーディングだから俳優さんたちみんな台本を手に持って、ほとんど椅子に座ったままの演技なのですが、ほんの小さなしぐさがなおさら際立って、それぞれの個性、魅力をたっぷり味わえて、なんとも言えず楽しい時間……面白くて、やがて、恐ろしい、「宇宙体験」第2弾。

帰りは仕事半分、友情半分の「友だち仕事ご飯」。でも、この仕事は当面、現実になりそうもないかな……Kさん、ここまできたら仕事は二の次、脳と体に気をつけて!!!
[PR]
by atohchie | 2007-06-18 23:36 | みる/きく

都会の楽園

いよいよ稽古が本格化するぞと思うとどうしても髪をどうにかしたくなる。
今回もいってまいりました。
朝、思い立って大急ぎででかけていき、スタイルを変えてもらったら、3時間以上かかりました。交代ごうたい何人の美容師さんがあれこれやってくれたか数えられないくらいでこれぞ贅沢。心は満たされ、しかしおなかはペコペコで、お店を出たら、即ランチ。とびこみで入ったお店がかの有名なアーティストのカフェで、生のイラストや手書きのことばをテーブルで見られてまた贅沢。そのままいい天気に誘われてふらふら散歩中、ぶらりと入ったアクセサリー屋さんで二人の男性が入れ替わり立ち変わり、まあ誉めてくれるのくれないのって、生まれてからこんなにいい気分にさせてもらったことはなかったくらい、ここはイタリアかと思いつつ、お世辞に乗せられ買い物をして、ひとりニヤニヤしながら少し離れた駅に向かっていたら、ちょっと疲れた頃に前から行ってみたかったお店が現れ、お茶とお菓子でさらなる贅沢。
d0024220_19202621.jpg
今日はとことんツキまくった一日だった。しみじみ、生まれてきてほんとに良かった。
[PR]
by atohchie | 2007-06-17 19:20 | ごはん/おちゃ/おかし


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
emoticon-0171-star.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
emoticon-0171-star.gif1月23日
「どこそら会」
emoticon-0171-star.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
emoticon-0166-cake.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

人気ジャンル