<   2006年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

お知らせ

いつも阿藤智恵の「気分は缶詰」日記を読んでくださって、
ありがとうございます。

この日記には、どなたでもコメントをつけていただくことができます。

コメントを書き込む際に出てくる〈パスワード〉欄は、
ご本人が、あとからコメントを削除したくなったときに使う
パスワードを設定していただくためのものです。
ご自身で、お好きな英数字をお書きください。

また「非公開」の欄をチェックすれば、
阿藤智恵本人だけが読める秘密のコメントを
書いていただくこともできます。

2007年も、阿藤智恵の「気分は缶詰」日記を
どうぞよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by atohchie | 2006-12-31 15:28 | 缶詰製作中(書斎より)

今年。

d0024220_1319615.jpg
2006年。

書いたお芝居、2本。
上演されたお芝居、4本。
翻訳した戯曲、8本。
翻訳中の戯曲、1本。
見た舞台、73本。
読んだ本、71冊。


なによりも出会いに恵まれた一年でした。
仕事の環境が大幅に変わって、「缶詰」外での行動が増え、
その分、いろんな方にお付き合いいただきました。
新しい出会いはもちろん、ご無沙汰気味の人たちとの再会も。
みなさまに、心から、感謝。
ありがとうございました。

来年は、もういちど缶詰にこもりなおして、
なんとか学生公演のほかに新作を一本……がんばりたいです。
[PR]
by atohchie | 2006-12-31 12:54 | 缶詰製作中(書斎より)

祭りのあと

H.H.G 鄭義信作品二本立て『LOVE』、とうとう千秋楽。
最後の『冬のサボテン』を見て、私のH.H.G祭りも終了です。
何回も見たけど今日が一番感動した。
ものすごい発見があった。
人の表情ってなんてたくさんの情報を乗せて伝えることができるものなんだろう。
それを乗せることのできる俳優さんにも、それを読み取ることのできる自分の脳にも感動。d0024220_20253048.jpg
芝居って「人間ってすごい」って思わせてくれる装置でもあるのだなあ。
けれどもそんな感動の余韻に浸る間もなく
祭りのあとの寂しさを味わう間もなく
「お仕事、お仕事」!
の年末です。
駅前のカフェで夕飯を食べて、
帰りにコンビニで原稿のコピーをとって、
体勢は万全。
今夜も布団の中まで仕事します。
ええ、しますとも。
今年は(しつこく)あと2日!
[PR]
by atohchie | 2006-12-30 20:28 | みる/きく

きました

いろんなものがいっぺんに来た!

今日は文化学院卒業公演のための打ち合わせ1本。
思っても見ない展開になり、冬休みにどかんと宿題をいただいてしまった。
困った。
そして翻訳仕事も来た。
まだ目を通してないけど、
作者の名前を見て悪い予感……
これは相当、難易度高いかも。

ひとつひとつやるしかないです。

がんばります。

今年はあと(しつこく今日を入れて)3日!
[PR]
by atohchie | 2006-12-29 19:43 | 缶詰製作中(書斎より)

待ちます。

やると決まったからには一刻も早く始めて、卒業公演の稽古開始前には終わらせたいので、今日は一日何の予定も入れず、ずっと仕事が届くのを待っている。朝から何度も郵便受けを開けたり閉めたり、まだ原書の入った大きな封筒が届かない、そもそも我が家には郵便は何時ごろ配達されるんだろう、いやそれ以前に来るのは郵便でなのか、宅配便なのか?それも確かめていないんだけど、どのみち配達されるのを待つしかないので、仕事納めのこんな日に先方に電話する気にもならず、郵便受けへ行ったりきたり。待つ間に年賀状の作成でも進めようかとパソコンを立ち上げて、でも気が乗らない、やりかけたとたんに仕事が来て、中途半端になりそうな気がする。これだから私は待つのは苦手なんだけど、もしかしたらこんなにもほかの事が手につかないってのは、つまり待つのが好きってことなのかもしれないなあ。2006年はあと(今日を入れて)4日。
[PR]
by atohchie | 2006-12-28 14:29 | 缶詰製作中(書斎より)

あとの祭り

ここのところ数年、年末年始は缶詰生活。
例年、お正月気分も元旦のほんの数時間で、あとは世間様がお休みの分だけ余計に気を散らされることのない、果てしない缶詰時間をすごしてました。
今年は、公演の台本ももう仕上げてあるし、翻訳仕事も届かないし、久しぶりにのんびり家族とお正月かなあと思ってとっても楽しみにしていたら、
はたしてかかってまいりました。
「訳してもらいたいものがあるんだけど、送っていい?」のお電話が。
待ってました!もちろんもちろん大歓迎です!
とお答えしたものの、そして確かに、大好きな翻訳がまたできるのは嬉しいものの、心のどこかで「えぇ?お正月休みは?」の落胆の声が。

人間って欲深いなあ。
休みが続くと、仕事がほしい、仕事が来ると、休みがほしい。
それにしてもお正月休みがないのなら、
もう少し予定をセーブして、いろいろ、早手回しに片付けておくべきだった。
年賀状も、三が日にゆっくり書くつもりで手付かずだし……
まあ、いいか。毎度のことだわ、許していただこう。
お年賀状を下さる皆様、これを見ても呆れずどうぞ送ってくださいね。
返事確実。ただし、遅くなります。
[PR]
by atohchie | 2006-12-27 12:40 | 缶詰製作中(書斎より)

あと5日

2006年も残すところ5日となりました。
思い起こせば今年のはじめ、私が立てた抱負は
「体調を大きく崩さずに年末までを乗り切ること」、ただひとつ。d0024220_2383645.jpg
そのためにがんばったのが、
太極拳のクラスを(なるべく)やすまないこと、
大好きな鍼の先生に、(ほぼ)2週に1度、
欠かさず診ていただくこと。
治療の帰りは無理をせず、近所のお店で
お野菜たっぷりディナーをいただきます。
本日、今年最後の鍼。今年最後のディナー。
あと5日だもん、ここまできたらもう、少しはホッとしてもいいよね。いただきま~す。
[PR]
by atohchie | 2006-12-26 23:14 | ごはん/おちゃ/おかし

遠くへ、遠くへ……

ある曇った日の話。
午前中、どうしてもすませなくてはならない書類仕事があって、大慌て。
午後、これも大慌てで家を出たけど、思っていた電車に乗れなくて、
予定をとりやめて、ふらっと途中の駅で降りました。

d0024220_1023452.jpg
たまにはひとりで、外ごはんです。
遅いランチをゆっくりぼんやり食べていたら、
スピーカーから『虹の彼方に』。

長友心平さんのクリスマスカードを買って帰りました。次の朝、いつも応援してくれるお友だちに出しました。

今日は、朝から雨です。
冬の雨は冷たいけれど、乾いた空気が少しやわらぐようで、好き。
[PR]
by atohchie | 2006-12-26 10:36 | ごはん/おちゃ/おかし

おすそわけ

d0024220_1120187.jpg先日の朝、久々に洗濯日和。
おとなりの方と、ベランダで挨拶。
思いついて、「ゆず、召し上がりますか?」
「まあ、きれいなゆず!」と喜んで受け取ってくださってから「魚、食べます?」
冷凍して、ラップでくるんだのをくださった。

そういうわけで今朝は塩鮭。
脂が乗った鮭に、ゆずをひとたらし。
豊かな気分がわけあえる、おすそわけって、大好きです。
[PR]
by atohchie | 2006-12-25 08:23 | ごはん/おちゃ/おかし

Happy Hunting Ground 『動物園物語より』

さてクリスマスにもりあがる週末は、サイスタジオで『動物園物語より』。
お二人での芝居は何度目の上演になるのでしょうか、私はたぶん、4回目くらい? 何回見ても、この芝居大好きです。三人目の新しいキャストが加わって、さらに楽しむことができました。
私がH.H.Gの大ファンになってしまったのも、そして作品を書いて持ち込むまでになってしまったのも、実は、誘われて何の気なしに見たこの芝居のせい。はじめてみたときのあの衝撃と感動を味わってもらいたくて、今回は文化学院の学生たちを連れて見に行っています。
[PR]
by atohchie | 2006-12-24 08:39 | みる/きく


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
emoticon-0171-star.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
emoticon-0171-star.gif1月23日
「どこそら会」
emoticon-0171-star.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
emoticon-0166-cake.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

人気ジャンル