<   2005年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

秋の恵み

ある日、なかばふざけて、でも、なかばはかなり真剣に、
「この秋は松茸が食べられますように」と空にお願いをしてみた。

翌日、「はいはい」と空から松茸が舞い込んできた。

松茸ご飯とホイル焼き、いただきました。

とってもおいしかった。
ごちそうさまでした。
[PR]
by atohchie | 2005-10-31 11:04 | ごはん/おちゃ/おかし

事務的な報告

現在の状況=原稿C 原稿L 原稿B 原稿P 翻訳O 翻訳G
   原稿Cをあげて風邪をひきました。
   が、もう治ってきたので次は原稿Lと、翻訳Oに手を付けます。
現在の缶詰度=5
[PR]
by atohchie | 2005-10-29 07:58 | 缶詰製作中(書斎より)

生きて、死んで、そして。

紀伊國屋サザンシアターにて地人会『島清、世に敗れたり』

千秋楽のカーテンコール、自然に大きな音で、力いっぱいの拍手をしていた。
見事な集中力で主役を演じきった上杉祥三さんや、周りで彼を支えたすてきな俳優さん達に向けて、というよりは、むしろ、失意の中で死んでいった若い作家その人に向けて。
[PR]
by atohchie | 2005-10-27 15:15 | みる/きく

ためらい

最近、忙しい?
と、
きかれると、
つい、
いえいえ、ひまですよぅ
と、
反射的に答えるのだけれども、
わが身を冷静に振り返ると、
このところ、
かなり、「忙しい」としかいいようのない状況にいるらしい。

だけどこんな勝手な日々を送っている身の上で
忙しいです
なんて口にするのは、世間に申し訳ないようで、気がひけるのです。

続きを読む
[PR]
by atohchie | 2005-10-25 11:07 | 缶詰製作中(書斎より)

缶詰の外は日曜日で

街にはのんびりゆったりとした空気が流れていました。人たちはみんな微笑みながら、あちこちでくりひろげられる大道芸を楽しんでる。あふれかえる人波の中、急ぎの用事があって缶詰から出てきた私は一人、月曜の朝のラッシュアワーを息を詰めて抜けるみたいに、とっととエスカレーターを目指したのでした。そこにも芸人さんがいて、上り下りを繰り返しながら、人たちを驚かせたり、楽しませたりしていたのだけれど、なんにも心に響いてこなかった。ほんの、かすかにしか。

毎日、好きなものを書いたり、面白い戯曲を訳したり、こんな幸せな仕事をしているのに、現実世界で人たちと同じ幸せな時間を分け合えないなんてひどい。恐ろしくつまらない顔をして、周りをシャットアウトしている自分にどっきりしたので、晩ごはんはいつもより丁寧に作ってみた。

  3種の野菜のコールスロー、玉ねぎドレッシング。
  ハーブ鶏と野菜のグリル。
  じゃがいもと鱈の白いスープ。
  パスタ・ボロネーゼ、いろんな野菜入り。

少し、余裕をよそおってみよう。本日の缶詰度、もちろん、7。
[PR]
by atohchie | 2005-10-24 13:34 | ごはん/おちゃ/おかし

おみまい

駅からタクシーに乗って、病院までといったら
「今から勤務ですか」といわれた。
看護師だと思われたのかな。
それとも医師? 

病院からタクシーに乗って、駅までといったら
「誰が入院してるの?」ときかれた。
おばですと言ったら、
遠くからお見舞い、えらいねえ、きっといいことあるよと言われた。

電車に乗って少したったら、はなみずがでた。

悲しかったからではなくて、
大切な人が、今、生きているということが
手を握って、またねと言った約束が
私に与えてくれた力に気づいたから。
[PR]
by atohchie | 2005-10-22 22:51 | ひと/たび/であい

興奮

犬と両親、昨夜遅く感動の再会。
皆無事でよかった。
[PR]
by atohchie | 2005-10-21 14:59 | みる/きく

初日のよろこび

ああ、初日ってこうだよね、いいなぁ…とあらためて思いました。
下北沢 「劇」小劇場にてパニックシアター『ラストシーン』。
豪華キャストによる小劇場公演、連日大入り満員間違いなしのすごい企画。
初日の本日、客席もたいへんに豪華でした。
華やかな、ぱぁっと晴れがましい空気が、まさしく、「初日」でした。
豪華キャストも豪華客席も、みんなとにもかくにも芝居好きなんです、たぶん。
「芝居っていいよね」っていう空気が開演前から終演後の「初日乾杯」までもうどうにもこうにも豊かに満ちてあふれ出して、私、なんだかぽわわんといたしました。
今、家に帰ってきて、ああ、本当にいい空気を吸わせてもらったな、と思っています。
劇場の扉から、その幸せな空気が通りにまでながれていくような、そんな初日らしい初日を迎えられる芝居が、いい芝居だと私は思うんです。
[PR]
by atohchie | 2005-10-19 22:51 | みる/きく

夢に見るほど

すごく面白いものを見ると時々そうなるのだけれど、まだ二兎社の芝居に取りつかれてる。会う人会う人にオープニングからエンディングまで熱演してみせてしまったり、夢のなかで、「永井愛さんの素晴らしいところはね……」と講釈をたれていたり。
ともかく、芝居はまだまだやってます、ぜひみにいらしてください。

で、そんな人の芝居ばかりで燃えてないで自分も仕事をしろ、と……

原稿C 原稿P 原稿H 原稿L 原稿B 翻訳P

2本上がって、今は原稿Cまっしぐら。
第1稿のままにおいておかれている原稿Aが根本的に気になってきたのであげておきます。
現在の缶詰の中身=原稿C 原稿H 原稿L 原稿B 原稿A 
現在の缶詰度=4
[PR]
by atohchie | 2005-10-18 07:37 | 缶詰製作中(書斎より)

参りました

ベニサン・ピットにて二兎社『歌わせたい男たち』。

面白かった…!!!
もう、そのひとこと。
[PR]
by atohchie | 2005-10-16 08:52 | みる/きく


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル