<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

頭の容量

本番を抱えて演出の仕事をしているとき、頭の容量はほぼ8割ほどをその仕事にもっていかれているようなものなんでしょうね。残りの2割でごはんを食べたり料理したり、人と話したり、翻訳したり、していたことに、その8割が使えるようになってきてから気づくのです。ここ2日ほど、2割の頭で処理しきれなかった情報を遅ればせながら処理することに脳がしゃかりきになっていました。何日も前に誰かに言われたことを思い出して、ショックを受けたり、憤慨したり、面白がったり、そんな時間が二日と三晩。今朝になってようやく、だいたいの情報処理が終わったらしく、頭がすっきりしてまいりました。昨日は全く仕事に手をつけられず困ったなと思っていたんだけれど、情報処理と並行して仕事をするより、昨日ざーっと頭の整理をやってしまってよかったような気もします。

さあ、仕事、しごと!
当然、缶詰度はぎりぎりいっぱいいっぱいの、隙間のない「7」です。
[PR]
by atohchie | 2005-08-30 10:08 | きもち/ココロ/げんき

しめくくりはこれです。

d0024220_2191534.jpg
赤坂 B flatにて平岩佐和子さん・荻野清子さんのコンサート『愉快に誘拐』。
夏の終わりの楽しみといえば、これなんです。
今年も楽しかった。
そして、ぎゅーっとシビアな、重いメッセージのこもった歌もあった。
何度も目にして知っていたはずのことばたちが、凛として説得力のある佐和子さんの声と、幸せをささやきかける清子さんのピアノからもう一度生まれだしてきたとたんに命を帯びて、語られる切実な思いが心にずしんと残った。
真っ白な歯をした、赤い肌の子どもたちの夢を見ました。
暑い暑い、赤い空気のなかで笑っていました。
[PR]
by atohchie | 2005-08-29 21:01 | みる/きく

大変よくがんばりました。

森の木の定期演奏会、昨夜、無事に終了いたしました。
終わった後でコメントを求められたけれど、疲労コンパイしていて何も思いつけなかった阿藤、この場で、上記のように申し上げさせていただきます。

ふぅ……
夏が終わった。
紫や白の、秋の花が咲き乱れる中を自転車で走る、夢を見ました。
[PR]
by atohchie | 2005-08-28 06:39 | 缶詰開缶中(稽古場より)

明日です!

とうとう明日、本番です!
早く寝なくちゃ!
[PR]
by atohchie | 2005-08-26 22:19 | 缶詰開缶中(稽古場より)

この船はどこまで行くのか

新宿 紀伊國屋ホールにて 文学座『戯曲 赤い月』初日。

ものすごくいろんなことを考えながら見た。
あっという間の3時間の感想は、とにかくとにかく、「よくぞここまで」の一言に尽きます。
いったい何がそうなのかはどうか劇場でごらんください。

あの時代をこうやって生き抜いた人たちがいたからこそ、今の私がいる。
生きるということを自らの意志で選ばなければとうてい生き抜くことはできなかった、そういう時代。

23日はちょうど私の誕生日で、私は、母が私を生んだのと同じ年になった。
生きることを、生きるあり方を、選択しつづけたい。
たとえ迷いは尽きなくても、自らの意志をもって。
祈るような気もちで、そう、思う。
[PR]
by atohchie | 2005-08-24 08:09 | みる/きく

大詰めです

稽古は大詰め。連日、通し稽古です。
音響スタッフの皆さんが機材を持ち込んでオペレーションしてくださると、もう音の迫力が全然違って子どもたちも緊張気味?
あと、3日。
台風がきているというけど、どうか予定の日数お稽古させてください神さま。
本番も全員、無事にやらせてやってください神さま。
ここにきて、かなり神頼み的心境になっている演出家です。
[PR]
by atohchie | 2005-08-23 23:58 | 缶詰開缶中(稽古場より)

せいいっぱい。

国立劇場にて、稚魚の会・稚魚の会 合同公演。

この公演、できる限り毎年見るようにしています。
若手歌舞伎俳優さんたちと、それを見守るおおぜいの人たちの熱気を感じに。
大役に精一杯の挑戦をしている役者さんたちとの4時間半は、見るほうも疲れる。疲れるけど、ここまでなるにはどれほどの努力と日ごろの研鑚があっただろうと思うと、こっちもがんばって見なくちゃと背筋が伸びる。果てしない芸の道を本当にいっしょうけんめい、歩いているんだもの。何かを必死に、精一杯にやってる人たちが、ここにもたくさんいるんだなあって、そんなことを思って、よし、と気合を入れるのです。

私をこの会に誘ってくれるのは中村京三郎さん。
そのうち、「勝手に応援」させていただきますね。
[PR]
by atohchie | 2005-08-22 17:11 | みる/きく

本番1週間前です。

今年の森の木の初顔合わせはオーディションの日。一年経ったらみんなどんなに変わっただろう、なんて思いながら行ったせいもあって、「それぞれに一回り大きくなってはいるけど、雰囲気は思ったほどは変わってないなぁ」と思ったのです。でも、こうして稽古をつみかさねてくると、去年のいろんなこと、いろんな顔を思い出して、本当にみんな、ひとりひとりが、ああ、一つ大きくなったんだなあ…一つ大きくなるって、こんなにすごいことだったんだなあってあらためてしみじみ感じます。
「それに比べて私は…」と今までの私なら思っていたと思うのだけれど、今年は私自身も、一つ年をとったんだなあと、さらにしみじみ思ってしまうのはなぜかしら?子どもたちと違って、私の変化は「成長」なのかどうか疑わしいけど、ともかく知らないうちに私の身の上にも時間は着実にプラスされてるみたいです。

こうやって、みんな同じ1年という時間をそれぞれに過ごして、同じ日の本番を迎えるのだな。
あと1週間、大切に大切に、すごしたいです。
[PR]
by atohchie | 2005-08-20 16:18 | 缶詰開缶中(稽古場より)

衣裳

今日は初めて衣裳をそろえての通し稽古をしました。

おもしろかったなあ。

今は詳しいご説明ができませんが、真面目な顔をしていろいろチェックしながら稽古を見ていたスタッフさんたちも思わず笑ってしまう、かわいい衣裳のシーンがあるのです。子どもたちも我ながらおもしろかったみたいでみんな満面の笑み。本当は、そんなに笑顔一杯で踊るシーンでもないんだけど、あんまりかわいかったから許す。本番は、心の中だけ笑ってね。
[PR]
by atohchie | 2005-08-18 19:44 | 缶詰開缶中(稽古場より)

早朝営業中

久しぶりにお天気の朝。こんな日はやっぱり早起きです。
昨日はいっこうにはかどらなかったので、今日は朝からがんばってます。
[PR]
by atohchie | 2005-08-17 06:37 | 缶詰製作中(書斎より)


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル