<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

くもりぞら

夏休みに入っても、日曜日の自転車通勤は続いています。
今日はくもりぞら。
でも、自転車にはかえって楽でいいくらいかな。
いってきますね。

さて昨日のことですが、川田正子先生が今年の「レビュー」の曲を歌ってくださるのを聴きに行きました。子どもたちが私の書いたことばを歌ってくれるのは、去年も経験して、嬉しいのはわかっていたんだけれど、大人の歌い手が心をこめて歌ってくださるのは、もう一味も二味も違っていました。
書いた戯曲のことばを、俳優がしゃべってくれるのを聞くことにも、いまだに慣れることがなくてついつい感動してしまうのだけれど、歌のことばというのも、かかわっている人の多さやなにかがあいまって、特別な感動があるみたいです。
[PR]
by atohchie | 2005-07-31 07:12 | 缶詰開缶中(稽古場より)

どんと来い。

文京シビックホールにて、米田まり&平岩佐和子オリジナルライブ

最近の私は、お稽古の合間の時間を1分1秒と無駄にせず翻訳仕事に首まで埋もれていて、暑さのためだけでもなくやや、ばて気味。ライブにむかう道すがらもちょっとモーローとしていたようで、まずは電車に乗りそこね、乗り過ごし、逆方向のホームに行っては引き返し、あげくにホールの入り口がわからずうろうろさ迷い歩き、くたびれはてて会場へ。

でも、二人の歌声とピアノのひびき、なんでも歌にしちゃう(ポッケに鍵が入ったまま洗濯機を回しちゃったことなんかも)自由さに、少し肩の力が抜けたかな。
心配ごとも不安も焦りも、どんと来い!
楽しんじゃおうと思う心構えがあれば、恐いことはずいぶんへるのかもしれませんね、さわこさん。
[PR]
by atohchie | 2005-07-29 09:03 | みる/きく

レッスンの成果

ここのところ、くま先生はじめ音楽スタッフの先生方に、歌のお稽古をみっちりやっていただいた森の木の子どもたち。わずかな期間のお稽古で、みちがえるほどに上手に、表情豊かに歌えるようになってきています。

さて今日は、短いソロパートがある二人に、編曲の小坂明子先生から、お忙しい時間の合間を縫ってのプチ・レッスンをいただくことができました。ほんの一言でぱっと変われる森の木の歌手たちですから、次に聞かせてもらうのが楽しみです。
[PR]
by atohchie | 2005-07-27 19:29 | 缶詰開缶中(稽古場より)

なつかしのメロディー

50年代といえばまだ私は生まれてませんが、それでもフィフティーズナンバーっていうのは耳に懐かしいものです。

銀座Air Studioにて『GO,JET! GO! GO!』。お芝居の中に挿入されるフィフティーズ、どの曲も全部知ってました。誰もがいつのまにか、どこかで覚えてしまう、ずっと愛される曲たちなんですね、きっと。

1時間弱の短い中に歌あり、体をはったギャグありの若々しいお芝居。
それもそのはず、平成生まれが何人も出ているんだもの。そりゃもう、若いです。
初舞台の女優さんが(女優というより「女の子」と呼びたいかわいらしさ)さいごに挨拶しながら泣きだしちゃったりして、芝居はじめた頃のワクワクドキドキを思い出しました。
[PR]
by atohchie | 2005-07-26 08:55 | みる/きく

セーフ!

さて昨日のことになってしまいましたが、朝、自転車で稽古場にむかっていたら、あと2分のところで小雨がぱらりと。けれども日曜自転車通勤の記録、いまだ破られておりません。感謝!

昨日は、すでに振りがついてみんなも踊れるようになった曲と曲の間のつなぎの部分を細かく作っていきました。そのあたりは台本にも適当なことしか書いていないので、その場その場で少しセリフを足したりしながら、即興で作っていくのです。
その場で考えてはつけていくセリフに即座に反応して動いてくれる森の木の子どもたち。さすが何年もこの舞台を続けてきただけのことはあるなあと、実はちょっぴり舌を巻いてる私です。
[PR]
by atohchie | 2005-07-25 08:53 | 缶詰開缶中(稽古場より)

嬉しい知らせ

翻訳仕事が入った!
ばんざい!

仕事ってどんなものにも、喜びや楽しさと、悩みや苦しみがありますよね。
私もいくつかの種類の仕事をしますけれど、その中でもっとも、そのバランスが楽しいほうに傾いているのが、ときどき、不定期にいただいているこの翻訳の仕事なのです。同じ缶詰生活でも、苦しさもふんだんに伴う執筆とはまったくちがって、手放しで楽しい日々なのです。

さて原文のコピーが届いたら本格缶詰生活の再開。
今日はそれに備えてお掃除をして、日持ちするおかずでも、作っておきましょう。
[PR]
by atohchie | 2005-07-23 08:42 | 缶詰製作中(書斎より)

夏休み!

森の木の平日稽古が始まりました。

夏休み初日の稽古は、衣裳合わせではじまりはじまり。
ひとりひとりに「わーかわいい!」「似合うよー!」と声があがる楽しい時間です。
いつもと違う雰囲気の衣裳をきせられて尻込みしている子もいたけど、本番には堂々と着こなせるようになってくれていたらいいな。だって、ほんとうに似合うんだもの。
[PR]
by atohchie | 2005-07-22 07:20 | 缶詰開缶中(稽古場より)

ほんのひといき

突然の猛暑で体も気もちもびっくりしたままとりのこされてもうろうとすごしたここ数日。
昨夜は少し気温が下がって一息つけましたね。
天気予報を見ると、ほんの一休みで、またまた猛暑が続くみたい。
あんまり暑いとお料理もしたくなくなっちゃうから、こんな日は常備菜つくりでもしようかな。
昨日はきんぴらとラタトゥイユ、今日はお豆を煮ようかなと思ってます。
[PR]
by atohchie | 2005-07-20 07:22 | ごはん/おちゃ/おかし

踊るくまさん

森の木児童合唱団の指揮者、野本立人先生は「くま先生」と呼ばれています。
ご自身のサイトでもそのように名乗っておられるので、ここでもそうお呼びしていいでしょう。

ものすごーくお忙しいくま先生、お稽古も必ず毎回きてくださるというわけにはいかないのですが、先日、くま出没予報が出たので、急いで目撃しにいってまいりました。

どうして見に行ったのかって、それはもちろん、演出家ですもの、お稽古には立ち会って、言うべきことは言わなければなりません…というのはもしかしたら建前で、くま先生のレッスンはすごく楽しいのです。
くま先生が踊り出すと、子どもたちの顔がぱぁっと元気になります。普段はおとなしくて、神妙な、というより、やや困ったような顔をしている子までが、いっしょうけんめい楽譜の陰に隠れて笑いをこらえていたりするのです。そんなようすを見るにつけ、私もあの子をあんなふうに笑わせたいなぁ、なぁんて、やる気がわいたりして。

くま先生、夏の演奏会まであと40日です。
どうかどうか、いっぱいお稽古にいらしてくださいね!
[PR]
by atohchie | 2005-07-18 16:47 | 缶詰開缶中(稽古場より)

かぼちゃの花

朝です。d0024220_703963.jpg
[PR]
by atohchie | 2005-07-16 07:01 | はな/みどり/そら


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
emoticon-0171-star.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
emoticon-0171-star.gif1月23日
「どこそら会」
emoticon-0171-star.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
emoticon-0166-cake.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

人気ジャンル