<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

劇場にて

舞台稽古だったのか、本番を見ていたのか、ともかく、劇場にいる夢を見た。

しばらく執筆をしないでいると、そんな夢が増えてくる。

5月も今日でおしまいです。短かったなあ。
[PR]
by atohchie | 2005-05-31 08:45 | 缶詰製作中(書斎より)

なつかしいおやつ

明日は用事が終わったらとってもおなかがすいているだろうから、何かおやつを持っていこうかなぁと思いながら布団に入ったら、あさ目がさめたときにはひらめいていた。
ロールサンドだ!
食パンの耳を落とし、厚さを半分に切って、ひとつはいちごジャム、もう一つはピーナッツバターを塗ってくるりとまき、ラップに包んで小さなお弁当を作りました。

さて、雨の月曜日。おやつはどこで食べようかな。
[PR]
by atohchie | 2005-05-30 07:53 | ごはん/おちゃ/おかし

いつもと違う道を歩くと


いつもと違う道を歩いたり、いつもと違う時間に街に出ると、

いつもと違う人にであったり、いつもと違う風景を見られたりする。

いつもは自転車で行く場所に、いつもと違う電車で行ったら、ばったりと、人に会った。

その駅の近くに住んでいること知っていたから、もしかして、と思って

混みはじめたホームであたりを見回したら、本当に、いた。

いつも朗らかな顔をしているその人が、眉を寄せて何かを考えこんでいて、

いつもと違って凛々しい横顔だったので、人違いかな?と思いながら近づいて

のぞきこんだらやっぱりその人だった。

そんなとき、ぼんやりした瞳のフォーカスがぴったりあって、それから

ほんの少しの間をおいて、「あれ?」という表情が生まれるのを見るのが好き。

その人が、いつものその人になる瞬間。 

おかえりなさい、という感じ。
[PR]
by atohchie | 2005-05-27 20:35 | きもち/ココロ/げんき

Reading Season

一足早い雨季……ならぬ読書季が訪れました。

本ばかり読んでいます。
[PR]
by atohchie | 2005-05-26 08:46 | きもち/ココロ/げんき

ころころ。

ベランダで、ささやかに園芸をしています。
あったかくなって、いろんなものが育ってきたので、ときどき紹介させてくださいね。
第1回目のご紹介は、これ。

d0024220_12255948.jpg

阿藤宅ベランダ産じゃがいもです。ほぼ、実物大です(大きいほうが直径3センチくらい)。

私の園芸は母仕込みの「自然流」で、ほとんど何もしないんです。主にやるのは「水やり」と「土の世話」だけ。お料理ででた野菜くずなんかはみんな土に戻します。そんなふうにして何にもしないでいると、いろんなものが勝手に生えてくるので、ほとんど勝手に伸び放題にしています。みんなかわいいです。

去年の夏の終わり、うまく赤くならなくて収穫できなかったプチトマトを泣く泣く土に返したら、そのすぐ後にこぼれ種から勝手にトマトの芽が出ました。季節はずれにかわいそうだなと思いながらも放っておいたらそのまま勝手に冬を越し、春を迎えました。
食べられなかった分、ことのほかかわいくて、これは大切にしてやろうと思っていた矢先、そのとなりにやたらと元気な得体の知れない葉っぱが生えてきました。そんなのもたいていは放っておくのだけれど、そのときに限ってちょいと抜きかけると、なんと、根元に丸いちっちゃなものがついていたのです。

あ!これじゃがいもだったんだ!わわわ!

抜こうとしたのをあわてて戻し、それ以来、土の中はどうなってるかなぁ、大きくなってるかなぁと思いながら、水やりに励む阿藤なのでした。
それが、この間、ものすごい暴風が吹いたでしょう。あれでぽっきり折れちゃったんですよね。ちょっと悲しかったけど、これで大手を振って収穫できるって思っちゃったのも事実です。

そしたら、ほらね。れっきとした新ジャガになってるんです! すごい! なぁ~んにもしてないのに、じゃがいもができちゃうなんて!

お味のほうは期待できないけど、もちろん食べてみるつもりです。
[PR]
by atohchie | 2005-05-23 12:50 | はな/みどり/そら

みんな元気です。

阿藤智恵、今年2回目の参加になる森の木児童合唱団の夏の演奏会。第3部の「レビュー」を担当させていただいてます。

脚本を書き、歌詞を作り、舞台や音楽の打ち合わせをし…半年に渡る準備期間を経て、編曲も続々できあがってきているので、そろそろキャスティングを決めるための「オーディション」をしようということになり、行ってきました、汗ばむほどの陽気の中、森の木児童合唱団の稽古場へ。

「オーディション」といっても、特定の役の合否を決めるという性質のものではなく、メンバーとは昨夏以来1年ぶり、あるいははじめての出会いになる演出家(つまり私)が一人一人の声を聞き、ダンスに取り組む姿を見せてもらうための時間です。

ずらり並んだ子どもたちの上気した顔を見ると、いよいよ今年もみんなと過ごす夏がやってきた!と実感します。背の伸びた子、大人びた顔つきになってきた子、ちょっとふっくらしてきた子、ステップの覚え方が去年より明らかに早くなっている子、、、、。みんなすばらしい!私もまけずにがんばって、8月の終わりまでにもう一つ、成長しちゃうぞ。

森の木のみんな、今年も楽しく稽古して、楽しい舞台にしようね!
[PR]
by atohchie | 2005-05-22 06:43 | 缶詰開缶中(稽古場より)

必要なもの

シンプルに、自然に…ってずっと考えてる。そういうふうになりたい。それは、流れに従うこととか、なりゆきにまかせることとは、違うんだよね。

今、必要なもの。信じる気もち。大切なこととそうでないことを見極める眼力、自分の選択の結果を、なんであれ受け止める覚悟。そして、何もかもが自分ひとりでは選べないということを受け入れるつよさも。

よんどころない事情で執筆に取りかかれないでいる。もちろんいつだって、「気分は缶詰」なんだけれど、考えないように、考えないように、しながら、缶詰度ゼロの日々です。
[PR]
by atohchie | 2005-05-20 06:29 | きもち/ココロ/げんき

たまわりもの

昨日の夕方、うちの庭で今朝採れたのよ、と、袋いっぱいにぷくぷくに太ったスナップえんどうをもらった。それと、近所のパン屋さんで買った天然酵母の真っ白いふわふわパンをいっしょに。

ずっと前に、まるまる甘いたまねぎのおすそ分けをいただいたとき、みじん切りにして炒めて冷凍していたのがほんの少しだけ残ってるから、今朝はそれでスープにしようと思いつきました。

お豆は昨日のうちに、茹でて刻んでおいてくれたから、凍った玉ねぎと野菜ブイヨンを昆布だしでとかしたら、トマトジュースと塩・こしょう。沸騰したところにお豆を入れ、軽く温めたらもうでき上がり。ぷちぷち緑のお豆が浮かんだおいしいスープになりました。

ふわふわパンには、これもいただきものの香りのいいママレードをつけて、牛乳のほうがおおいミルクティと一緒に、ラジオを聞きながらゆっくりたべた。

たまわりものがいっぱいの生活。

みんなありがとう。
[PR]
by atohchie | 2005-05-17 08:39 | ごはん/おちゃ/おかし

休みは終わった。

気分だけ「ゴールデン」な、やっぱり相変わらずなんとなく仕事が休めなかった10日ほどが過ぎました。なんだか、腑に落ちない気分ではあるんだけど、お休みってそんなものですよね。

というわけで、休みは終わりました。書きます。

本日の缶詰度は「2」。
[PR]
by atohchie | 2005-05-09 12:08 | 缶詰製作中(書斎より)

一粒で何度でも ~五月大歌舞伎~

ゴールデンウィークは歌舞伎座にて中村勘三郎襲名披露公演夜の部「義経千本桜」「鷺娘」「研辰の討たれ」を見る!

これぞまさしく黄金の楽しみ。
もう、何もいうことはないのです。
劇場では手放しで楽しみ、思い出してはまたうっとり…
この記憶映像だけで3年暮らせるのです、わたくしは。
[PR]
by atohchie | 2005-05-07 12:53 | みる/きく


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル