<   2001年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

架空・お悩み相談室24「やつは何者?」

【お悩み】
昨晩の月をみて思い出したのですが
こどものころ「ふくろうくん」という絵本が好きでした。月がおいかけてくるお話です。
この絵本は短編集でたくさんのお話がのっていました。

なかでも涙をやかんにためてお茶をわかすお話が好きでした。
こども心に悲しいことがあったとき、何度も読みかえしたものです。

マイナー調の歌も好きで「山賊の唄」という歌も好きでした。
歌詞:雨が降れば 小川ができ 風が吹けば 山ができる
   ヤッホー ヤッホホホさびしいところ
   ヤッホー ヤッホホホさびしいところ

ちょっと淋しい歌です。

で、思ったのです。
わたしはマイナー調に惹かれている。
特にこどものころは強くひかれていたようです。

マイナー調。
いったいやつは何者なんでしょうか。(猫になきかえす女さんのお悩み)

【回答】
メジャーさんとマイナーさんの兄弟は、ダンスが上手です。
メジャーさんのステップは、らったらったたん、らったらったらったたん。
マイナーさんのステップは、らったたん、らったらったたん、らったたん。
メジャーさんの「らった三連発」はすごい勢いです。
マイナーさんは少しずつ、メジャーさんに遅れてしまいます。
メジャーさんのすっ飛ぶようなステップは、元気なパートナーが踊ります。
マイナーさんの優しいステップは、誰でも一緒に踊れます。
メジャーさんは前を向いて、勢いよく飛んでいきます。
マイナーさんは下を向いてステップを踏みます。
ときどきメジャーさんは、マイナーさんに、「おーい、早く来いよ!」と叫びます。
マイナーさんはちらっと顔をあげてメジャーさんを見るけれど、
やっぱり下を向いています。
メジャーさんは「何が悲しいんだよ?」とききます。
マイナーさんは「小さな虫や花を踏んだりするのがさ」と言います。
メジャーさんは「虫?どこに虫なんかいるんだよ?」と聞きます。
マイナーさんは「君の足の下にさ」と言います。
メジャーさんが足を上げると、小さなカナブンがぺちゃんこになっています。
マイナーさんはポケットから小さなひしゃげたすみれを取り出します。
メジャーさんは「それも、ぼくが踏んだの?」と聞きます。
マイナーさんは「君の足あとから、つんできたんだ」といいます。
メジャーさんは「へぇ」と言います。
マイナーさんは、小さな穴を掘って、すみれとカナブンのお墓を作ります。
メジャーさんは「悪かったな」といいました。
マイナーさんは涙をぽろりとこぼして微笑みました。

みんながマイナーさんを好きなのは、そういうわけです。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 23:59 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室23「カタカナの名前が苦手」

【お悩み】
困っています。
カタカナの名前が覚えられないのです。外国人選手の名前。翻訳ものの小説の登場人物。名刺に書かれている役職。
覚えられない。

覚えられないどころかカタカナの名前に、嫌いじゃないのに苦手意識がぬぐえません。
何故なんでしょうか。
そして、どうしたら良いでしょうか。(猫になきかえす女さんのお悩み)

【回答】
私は長く演劇界におりますので、偉大な名前「スタニスラフスキー」を、どうしても「スタニフラフスキー」としかいえない、著名な作・演出家を知っています。今、あなたは「え?どこが間違ってるの?どう違うの?」と焦りましたね。心配いりません。大した違いはありません。
なぜなら、スタニスラフスキー氏本人にとってはおそらく、日本語の「ス」と「フ」の違いなどは取るに足りないものであり、「スタニスラフスキー」と「スタニフラフスキー」の、「Станиславский」との距離をそれぞれ測ってみたとすれば、その差は五十歩百歩といった程度のものであるはずだからです。
もう一つ例を挙げましょう。今度は逆の例です。私はかつてイギリスに英語の短期研修にいったことがあります。クラスメートの「こずえ」さんは「クズーイ」と呼ばれ、「ともこ」さんは「ツモーウコーウ」と呼ばれました。
おわかりですね。カタカナの名前というものは、その人物本人にとって、はなはだ奇妙なものなのです。言語というのは相互に変換不能な固有の音を持っています。あなたは潜在的にその大きな違いを感じ取り、異国で本来の名とは似ても似つかぬ音で呼ばれるその人への同情に心が痛み、苦しみのあまりに脳が拒否反応を起こすのです。
なぜでしょう。
それは、あなたの隠された記憶によるものです。以前お話したとおり(相談室11)、あなたはかつて、犬・あるいは猫になって暮らした過去があります。そのときあなたは、なんども人間に話しかけ、窮地を訴えようとしました。しかし返ってくる言葉はいつも「なぁに、お腹すいたの?」違う!あたしは人間だって言ってるのに!「あらあら、甘えてもおやつあげないわよ」ああ、あたしは人間なんだってば!
これが、あなたのトラウマの正体です。いつか記憶を取り戻す日がくれば、あなたはカタカナの名前を平気で覚えられるようになるでしょう。少なくとも「スタニスラフスキー」を「スタニフラフスキー」と言えるくらいには。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 23:37 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室22「媚薬誤飲」

【お悩み】
夕食を終えた後、温かいものを飲みたくなりました。普段はドライ・ハーブや庭のハーブをあれやこれや調合し、時間をかけてむらし、茶漉しで濾しながら手間暇をかけて楽しむのですが、今日は、ちょびっと気力減退気味でして、なにかささっとできるものを我が身が求めたのです。ふと、見慣れぬ箱が目に入りました。去年末、セットになっていたチコリコーヒーを目当てにセールで買ったティーバッグです。アーユルヴェーダの処方にのっとっているということ以外訳も分からずに買ったものですが、毒になりそうもないし今こそ出番に違いありません。
普段なら、慎重且つ探究心に富んだ私は、原材料の植物の正体を確かめたことでしょう。しかし、なにしろ少々気力減退でありましたので、ティーバッグを2つポットに放り込み、むらしもそこそこにカップに注ぎました。淡白な味わいで、カモミールに似ていなくもありません。あっという間に2杯飲みほすと気力が一挙に戻ってきました。一仕事しようとパソコンを起動すると探究心が蘇り、原材料の植物を検索しました。ア・シュ・ワ・ガ・ン・ダ、な、なんと天然のヴァイアグラ!?しかも無垢なパッケージには「朝食、夕食後1杯ずつを目安にお召し上がりください」と記されているではありませんか!私の気力はどれ程まで戻ってしまうのでしょうか?おお、私にはトリスタンとイゾルデのような悲恋が待ち受けているのでしょうか?明日、外出しても大丈夫でしょうか?それとも、最初に見かけた動くものに突進し、事故死してしまうのでししょうか?そして、今宵は?今宵は満月。私と共に夜を過ごすパートナーは無事でしょうか?夜の帳に白じらとした肢体が浮かび上がり、すらりと伸びた見事な脚、引き締まった臀部が否が応でも目に入ってきます。そして、これでもか!と巻き上げられた尾は心なしか艶めかしく揺れ動いているように思えます。満月は明日の夜も続きます。おお、解毒が必要です。早急に解毒が!そして、この呪われたテーバッグはまだ18袋も残っているのです。セールのおまけとはいえ身銭を切ったもの。なんとかして、アーユルヴェーダのご利益に、ただし別のに、あやかりたいと考えてしまいます。ああ、お師匠様、危機に瀕した品行方正なあわれな女をどうぞお助けくださいませ。(兵庫県/ATPさんのお悩み)

【回答】
慌てることはありません。アシュワガンダはインドの秘薬です。当節は何パックいくらだなんていって、投売りに近い状態で売られているようですが、古来、この薬を手に入れるのは並大抵のことではありませんでした。それは、高価なものだからとか、身分の高いものしか得られないとか、そういったことではないのです。この薬は、人に馬の力を与えるものと言われておりますが、馬は、人を見るという話を耳にしたことはありませんか?いくら立派な装束を着ていても、馬は肝の据わっていない乗り手を信じません。すぐに振り落としてしまいます。それと同じで、薬のもたらす怪しい力を使いこなせない人間、あるいはまた、心にやましいものを持つ人間は、このアシュワガンダという薬を手に入れることはできない、手に入れても、飲むことができないといわれております。仮に普段のように用心深く注意書きを読んだりしたら、あなたはきっとこの薬を飲む機会を失ったことでしょう。それが今夜のあなたは考えもなしに2杯ものアシュワガンダを飲み干してしまった。即ちあなたは、アシュワガンダに選ばれし者、今夜は心と体の命ずるがままに、アシュワガンダという名の馬にまたがり、こうこうとひかる月をお楽しみください。パートナーについては、まだポットの中にアシュワガンダのエキスが残っているようなら飲ませてみてください。飲み干すことができれば、彼はあなたの果てなき旅の相棒となるでしょう。飲み干さないようでしたらば、留守番を任せて彼のことはきれいに忘れてください。それは、満月の夜にふさわしい、新しいパートナーがあなたを待っているというアシュワガンダのお告げなのですから。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 22:30 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室21「虫を呼び戻したい」

【お悩み】
生来根っからのおっちょこちょいです。失敗談に枚挙の暇はありませんが、親しい友人にこのおっちょこちょいをもって40過ぎの今日まで命を繋いで来たということの方が奇跡だと言わしめるほどです。いままではそれでも、比較的にわが身にユーターンしてくるような被害のありようでしたので、私としては本気で気にしたことが(実は)ありませんでした。何事も日常になってしまえば本人にとっては異常ではないのです。ところが、(どうかお気を悪くなさらないでください)先日の東北の大地震以来、私のおっちょこちょいの虫が全世界中に発信されてしまっているようなのです。友人は出身国であるイランを訪ねているのですが、どうしたことかラクダに後ろ向きに乗ってしまったとか。ありえません。どうやらあの大地震以来、時空が大きくゆがんでしまい、私のおっちょこちょいの虫が本人を離れて勝手に遊びに行っているようなのです。これはとても危険です。私は40数年の付き合い方で扱いに慣れていますが、そうでない人にとっては命も左右しかねかねない生き物です。どうやったら私のおっちょこちょいの虫を機嫌を損ねずに母屋である私のところに定住してもらえるでしょうか。(米国/とらこさんのお悩み)

【回答】
残念ながら、遊びに出たおっちょこちょいの虫を正しくもとの宿主に戻す確実な方法は現在、ほとんど研究されておりません。なにせ相手が相手だけにまったく行動を予測できませんし、それに、実際の臨床場面でそのようなことが求められることはほとんどありません。先端を行く学者たちが最も熱心に取り組んでいるのは、むしろ、外に出た虫を人体に戻さず、そのまま実験室で育て続ける方法の確立です。
また、この虫は、世界中あらゆる人間に宿っているものです。虫によって、生真面目ながんばり屋、めんどくさがりのねぼすけといろいろ性格がありますから、自分にはそんなものはいないと言っている人もいますけれど、そういう人はたまたま怠慢な虫を宿しているだけなのです。とらこさんも、虫は今、自分のところにはいないと思っておいでかもしれませんが、そんなことはありません。イランでお友だちが逆さま駱乗を初体験したまさにその瞬間に、とらこさんご自身が何をなさっていたかをお考えになるとよくわかるはずです。思い出してください。あの朝、いつものように一口飲んだコーヒーの得も言われぬ風味。コーヒーメーカーを開けると、そこにはあろうことかコーヒー豆でなく、すり黒ゴマが熱湯を含んで香りを放っていたことを。そう、あなたには、今もおっちょこちょいの虫がすんでいます。それが慣れ親しんだ虫でないことはもちろん明らかです。あなたの虫でなければ、さかさま駱乗の発明のような偉業をなしとげるはずはありません。ですが、あなたの虫が離れたとき、同じようにゆがんだ時空間にさまよい出た誰かの虫が、あなたのところに来ているのでしょう。それを取り出しても、きっとまた新たな虫がやってきます。キリがありません。今はなつかしの虫のことは忘れ、新しい虫と付き合ってください。それができるかどうかは、ひとえにあなたの努力にかかっています。どうか辛抱強く、油断せず、観察を続けてください。
イランのお友だちは、とらこさんの虫をうまく操ることでしょう。その後、さかさま駱乗が小さなブームとなって、イラン国内に密かにひろがりはじめていることがそれを証明しています。また、世界中に今起きている、いろんなとんでもないおっちょこちょいについては、大地震で驚いたねぼすけタイプの虫が飛び起きるなりめったに出さない実力を発揮した、時空のゆがみにより、各所で虫が突然変異した、などの説が専門家から出されています。今後の研究成果に注目しましょう。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 21:34 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室20「海馬から記憶を取り出す方法」

【お悩み】
「本の話」読みました。

そらいろのたねは、たしか、おうちになるんでしたっけ。
「きいろいろのたねだったら?」「あかいろのたねだったら?」と電気を消したあとに「もしも」合戦をして読み聞かせの夜を終えていた時期がありましたね。

しかも、そのおうちは、いじわるなきつねさんが一人占めをしたら消えてなくなってしまったんでしたっけ。ちょっとうろおぼえだけれど。

「きいろいろのたね」はどんな結末だったのか、記憶の彼方に行ってしまっているのが残念。
海馬から取り出す方法ってないんでしょうかね。(高知県/dangoさんのお悩み)

【回答】
かつて私が北欧の海辺を放浪していたとき(私にも、「遠くへ行きたい」季節がありました)、ぼんやりと海のかなたを見つめている私の眼に、不思議な波が見えました。水平線から、波のひとつが奇妙に盛り上がって、みるみるうちに近づいてきます。幅30メートルほどのその波が、まっすぐに私に向かって進んできたかと思えば、それは、何十頭もの美しい馬の群れでした。翡翠色の馬、真っ白な馬、黄金の馬、漆黒の馬、どれもが日の光に輝いています。その中から、すんなりとした砂色の馬が私のところにやってきて、私の名前を呼びました。驚いた私に馬は、「あんたのおばあちゃんの海馬よ」というのです。なんと人の脳の中にある海馬から、人が記憶を取り出せないような気がするとき、その人の海馬は本来の姿を取り戻し、母なる海を駆けていると言うのです。あなたが「きいろいろのたね」の記憶を取り戻せるかどうかは、わかりません。しかしあなたの海馬は、偉大なる海を存分に駆け巡れば、きっとあなたの元に帰ってくるはずです。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 20:40 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室19「のど元まででかかった言葉」

むだな電力を使わないように節電につとめています。
でも心の余裕などまで
失わないように心がけています。
が、ついいまさっき使っていないコンセントまでつけている旦那と口ゲンカしてしまいました。
旦那のいいぶんは「だってタップにささってたから」

「(いやそれさしたのおまえだろう)!!!」
と、のどまででかかったのですが
これ以上、雰囲気わるくなるのもなんなのでおさえました。

で、質問なのですが
こののど元まででかかった言葉というのは
いまどこらへんまでおちているのでしょうか。
もし胃にたまっていたら消化不良になりそうで怖いです。(猫になきかえす女さんからのお悩み)

【回答】
はい。お答えをする前に、こちらをご覧ください。twitterで見つけた、@hironobutnkさんのツイートです。

『娘がトイレットペーパーの買い占めについて、「地震がきたら、うんこがいっぱいでるん?」と言っていた。論理的思考力の発達ぶりに目を細める。』

じつは私、今、世間でたくさんの人が「買占め」を行っているというニュースに接し、食べ物、ガソリン、電池のほかに、トイレットペーパーを買い込む人がいるということに、「なぜだろう?」と疑問を抱いていました。それがあなたのお悩みと、こちらの聡明なお嬢さんの発言がぴたりとあわさって、ああ、ほんとにすっきり納得できたのです。
あれです。みんな、大きな声じゃ言えないが、この騒ぎでずいぶんとうんこがたくさん出ているのに違いありません。地震が起こって以来、果てしなく続くストレスから、些細なことで腹が立ち、それでも、被災地でこの未曾有の災害に耐えている方々のことを思えばこれしきのことと、のどもとまで出た言葉を無理に飲み込み、それが度重なってお腹が壊れ、ああ、気の毒です。たぶん3分に1度、トイレに駆け込んでおられるのでしょう。
そこで、あなたの場合です。
あなたはまだ、のど元まででかかった言葉を一つ飲み込んだだけで、大変な胃腸障害は起こしていないように見受けられます。初期のご相談で幸運でした。
よろしいですか、言葉は飲み込むものではありません。出すものです。のど元まで出たらしっかりと出してください。かといって、それでなくても辛いこの日常で、夫婦喧嘩になんかとうてい耐えられませんよね。ではどうするか。雰囲気が悪くならず、喧嘩を避けられる言葉の出し方をここで伝授します。
いや、ごめんなさい、伝授と言うほどのもんじゃないです。ただ出すだけですから。出すというのはあれです、ちょっと大きな声じゃ言えないが要するにかーっぺっぺっと出すだけです。ためこむと、なかなか出せなくなりますから、こまめにぺっぺっと出しましょう。慣れてくると、かーっとやらず、ぺっぺっといわないで、ふぅっと誰にも気づかれず出すことができますが、最初はかーっぺっぺっと派手にやってみてください。それでもうまく出せないときは、もしかすると水分の摂取が足りないのかもしれません。意識的に、普段より多めにとるようにしてみてください。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 19:17 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室18「ドライ宇宙を戻さず食べたい」

【お悩み】
本当に心が落ち着かなくて困っています。慎重にしているつもりでも不用意な発言をして冷や汗をかいたりもします。そんな中でテレビを見たりラジオを聞いたりネットニュースを見たりTwitterのタイムラインを追いかけたりしているときに気になる記事を読みました。「ドライ宇宙」というものがあるそうなのですが、ご存じですか?
http://twitter.com/#!/search/140SFP

水で戻すと天体観測できたり、おやつにもできる、とあるんですが、ドライフルーツ好きのぼくとしてはドライなままで食べたいです。ドライ宇宙をドライなまま食べる方法はあるでしょうか?(東京都/たかしなさんのお悩み)

【回答】
ドライ宇宙については、恥ずかしながら私も初耳でございました。しかし持つべきものは友、ドライ物のことならなんでも聞いてくれと普段から豪語している神奈川県小田原市の星田卓さんに連絡してみましたら、すぐにお答えがかえってまいりましたので、そのまま掲載させていただきます。

星田さんのお答え「え、ドライ宇宙をそのまま? いやぁ、確かに食って食えないことないけどね、どうかなその人、普段からひじきとか乾燥ワカメ、そのまま食ってる人?ああ、ドライフルーツだけなの。だと厳しいかもね。これちょっと専門的になっちゃうけど、乾物って干してどんだけ縮んでるかってのが食品によってさまざまなのね。乾燥ワカメ味噌汁に入れて、味噌汁っていうよりワカメの味噌煮になっちゃってびっくりしたことない?ドライ宇宙ってのは、そのワカメですら問題にならないくらいの半端ない膨張率なわけ。下手に食べるとおなかの中の水分全部すって、パンパンになってそれでも膨らもうとして、大変なことになっちゃうのさ。でも俺の場合はそりゃ、食べるよ。プロだからね。その人にはあんまりお勧めしたくないけど、そうだなあ、どうしてもって言うなら、5mm四方くらいを、あらかじめ割っておいて、一気飲みかな。飲み込む前に水をしっかり飲んでおいてね。あ、ドライ宇宙を水で飲み込むのはダメだよ。ドライ宇宙が食道の途中で膨らみだしたら、急いで救急車呼ばないと命に関わるくらいのおおごとになるからね。けど、その人、なんでそのまま食べたいのかね。せっかくの味が全然楽しめないし、そりゃあうまく星のとこをかじれれば体は光るけど。俺も結構体験あってそりゃ楽しいけど、ドライのまま食って星に当たる確率、低いよ。それより戻して食べたら旨いんだから。めったに手に入るもんじゃないんだし、戻したほうが絶対おすすめってこと、阿藤さん、伝えてあげてくださいよ。」
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 18:28 | 缶詰製作中(書斎より)

架空・お悩み相談室17「上手な伝え方を教えて」

【お悩み】
上手な伝え方を教えてください。
まず、文章を書くのがニガテです。いくつか書くんですけど、私、みんな文章がバカ長くなるんですよね。
大事なことだけを美しくスマートに伝えるためにはどのように脳みそと向き合えばよいのでしょう?
それから、会話も同様です。こんなにおもしろい話が、まったく人の興味をひけないのです。どんな人とも軽やかに華のような会話をするためにはどのようなトレーニングが必要ですか?
老若男女にウケのいいすてきなポーズや仕草の研究はなかなかすすみません。
しかしいつか、それらの技術を身につけて、世界を征服いたします。まずは日本の食生活から。
どうか、ご助力ください。(ニッポンの夢見るフリーターさんのお悩み)

【回答】
なるほど。「上手な伝え方」で始まって、「日本の食生活」で終わるあなたのご相談、実に興味深い。恐らくあなたは、このように不可思議な論法を用いるため、人に理解されにくいのでしょう。あれもやりたい、これもやりたいと言ってはいても、結局何がやりたいのかがはっきり見えてこない。あなた自身、ポイントを掴むのが難しいと自覚されています。
こういう場合は、「最後に注目」です。言いたいことが絞れないとき、言い尽くして最後に浮かんだものが一番のポイントだということがよくあるのです。言っても言っても言い足りないのは、まだ本当に言いたいことに到達していないからだと考えてみれば、おわかりいただけるのではないでしょうか。では、あなたの望みは日本の食生活を征服することでしょうか?どうも怪しいです。ご相談が「バカ長」くはないところを見ると、あなたはまだ、全ての望みを言い終わってはいないのではないかと思われます。ではどうすれば、あなたは一番言いたいことを最後ではなく、最初に言うことができるでしょう。
ヒントはご相談の中にあります。あなたは脳みそと、「向き合」いたいとお考えですね。自分の脳みそと向き合うことを考える人はそう多くはありません。「ご立派、しかし、あと一歩」というところです。実はあなたに必要なことは、脳と向き合うのではなく、後ろから脳をのぞきこむことなのです。あなたの脳は一番いいたいことを一番後ろにしまいこんでいるのですから。ですから答えはもうおわかりですね。向き合った脳みそをぐるりと向こうにむけて、後ろ側からのぞいてみてください。きっとあなたの本当の望みがそこに隠れているはずです。人と話すとき、文章を書くときも、これを習慣にしてください。世界征服も夢ではなくなること請け合いです。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 17:51 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室16「快の狭間で悶える」

【お悩み】
私は冬が大好きです。どの季節もいとおしいけど、冬、特に冬の朝!ところがこの冬の朝が悩みの種でもあるのです。前夜の凍てつく布団は我が恒温動物体温ですっかりぽかぽか(実際に測ると23度でした)、その気持ちの良いこと、いつまでもこうしてウトウトしていたい。しかしながら、まだ薄暗がりの中、えいやっとポカポカを後にし、キリッとした厳寒の戸外に出て行くもこれまたいとおかし。決して両立しえない「快」の狭間で悶えながら冬の朝は過ぎて行くのです。(兵庫県/ATPさんのお悩み)

【回答】
うーんこりゃ寒い。夜明け前に起きるのは寒い。そんな寒さも好きとおっしゃるあなたは無敵ですね。羨ましい。これはもう恋人の愚痴をきかせながらノロケているような、幸せが光り輝く「悩み」の顔した「自慢」ですね。いいですね。人生を楽しく生きるための極意のようなものを垣間見させていただきました。その季節にしか味わえないことの全てを楽しむ、といったようなことですね。人生の季節もまたしかり、と言えれば無敵ですね。ありがとうございました。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 16:53 | 缶詰実験室(お芝居への道)

架空・お悩み相談室15「好きな相手を嫌いになる」

【お悩み】
ぼくは気候のおだやかな瀬戸内に生まれ育ったせいか、雪を見ると単純に喜んでしまうんです。雪が降り出すと「雪だ!」と叫び、雪の積もった景色を見るとやはり「雪だ!」と叫び、仕事をしながら雪のことを思い出すだけで「雪だ!」と叫ぶ始末。でも外に出てコートに雪が積もってしみてきたり、革靴が滑ったりすると舌打ちをする程雪のことが嫌いになります。一瞬にして同じ相手のことを好きになったり、嫌いになったりして、こんなぼくはどこかおかしいのかも知れません。心配になってきたので教えてください。ぼくはおかしいですか?(東京都/たかしなさんのお悩み)

【回答】
同じ相手なのに一瞬にして心変わり……そう聞くと、確かにあなたはおかしな男性のようですね。しかし、そんな風にあなたの雪への愛を女性への愛に置き換えるならば、あなたは街を歩けば「女だ!」と叫び、テレビを見ても「女だ!」と叫び、仕事中まで「女だ!」と叫ぶ男になってしまいます。あなたのご心配がまるであたらないことは、おわかりになったことと思います。そう、コートにしみたり、靴を滑らせるのは「雪解け水」であって、ああ、悲しいかな、もはや雪ではありません。雪は解けてしまえばそこまでの命です。果てしない水の循環をなんど繰り返してもいつ雪に戻ることができるかわかりません。乙女が老婆の翳りをみせたり、熟女が少女のあどけなさを宿すような、あいまいな人間の世界とはまったく違う決然とした厳しい世界が雪にはあるのです。かつて雪を愛するあまり、あらゆる水に雪の面影を見るようになった男がいました。彼はその愛によって、つまり一年中、休むことなく叫び続けた「雪だ!」の叫びによって命を縮め、若くしてこの世を去りました。どうかあなたが道を踏み外さず、あいまいな人間を愛して長生きされますように。
[PR]
by atohchie | 2001-04-01 15:42 | 缶詰実験室(お芝居への道)


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
emoticon-0171-star.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
emoticon-0171-star.gif1月23日
「どこそら会」
emoticon-0171-star.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
emoticon-0166-cake.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

人気ジャンル