カテゴリ:ごはん/おちゃ/おかし( 255 )

おこげがだいじ

缶詰生活3日目。
まだ、執筆にはかかれない。
家にいる時間が足りなくて、積み残した雑多な用事がいろいろたまっているのを
ぼちぼち片づけている段階なのです。
10月までには、本気で机の前に一日中座っていられる態勢を整えるのが目標。
ほんとの執筆は、冬になるかもしれません。
で、今日は、ちくちく、針仕事したり、もくもく、字を読んだりの一日。

d0024220_1955386.jpg今日の瞑想料理はこれ。
フライパンにオリーブオイルをたっぷりいれて
野菜をじっくりゆっくり、おこげができるまで焼きます。
この、おこげが大事。
うんと時間があったら、キャラメル風味になるくらいまで焼くと良いのだけれど
ま、このくらいでもじゅうぶん、おいしい。
岩塩をがりがり挽いて。


d0024220_19553610.jpg一日がんばってつかれた気晴らしに、たまってるみちばた植物の写真を、ひとつだけ、調べた。
輝くオレンジ色の実。どうやら、これは、ふゆさんご。
「ざっそう」の仲間じゃない。
誰かさんのお庭から、逃げ出してきたもようです。
[PR]
by atohchie | 2013-09-21 19:58 | ごはん/おちゃ/おかし

秋になりました

空気も、空も、気温も、植物も、魚も、秋。
d0024220_21254333.jpg
今まで生きてきて何尾の秋刀魚を食べたかわからないけど
今日のが一番おいしかった。
[PR]
by atohchie | 2013-09-10 21:27 | ごはん/おちゃ/おかし

祝・スパゲティ記念日

朝、ゆっくり起きて、のんびり新聞なんか読んでいたら、電話がかかってきた。
母である。
「おとーさんが、昼にスパゲティミートソース食べたいねんて」
料理のリクエストなのであった。
我が家ではミートソースといえば基本的にわたしの担当である。

思えば、今日は父が親玉の巣窟で、満身創痍の身体にされてから10日。
(誇張された表現がございますが断じて撤回しません!)

奪還以来ずっとお粥を食べ続けていた父が、
昨夜は普通に炊いたご飯を食べることに成功、
矢継ぎ早に、今日はスパゲティですか!
わかりました!
久々に、腕をふるわせていただきましょう!

わたしのミートソースはお肉より野菜の方が多い、
お肉風味の野菜ソース。
玉ねぎたっぷり、にんじん半分、ピーマン少し、
そして、姿が見えないほどのしいたけを入れるのがミソ。
あとは、にんにくとしょうがとオリーブオイル。
トマトの缶詰、いろんなソース。
d0024220_2112692.jpg

ちなみに、ミートソースのほかに、
なぜか、わたしがやることに決まっているものは
(めったに作らないけど)シュークリーム。
腱鞘炎も治ったことだし、これもまた久しぶりに、作ってみてもいいな。
[PR]
by atohchie | 2013-09-06 21:15 | ごはん/おちゃ/おかし

残暑のおやつ

予定通り、仕事を終えることができました。
ばんざい!
暑かった。
この夏の我が書斎の最高記録に並ぶ32.8度でした。
アイスクリームを買いに行きました。
そのままではいただきません。
冷凍バナナをつぶして、ココアをまぜて、
チョコバナナアイス、ラズベリーのっけ。
コーンも添えて、彩りには庭のミント。
いかがでしょうか。
d0024220_20515038.jpg
[PR]
by atohchie | 2013-09-01 20:53 | ごはん/おちゃ/おかし

怖いものは怖い

今日は水曜日だけど
恐怖体験をしたので
本の話はしない

わたしは、歯医者さんがこわいのだ
そんなこわーい歯医者さんの親玉の巣窟のようなところに今日いったのだ

親玉の巣窟ということばがおかしくても撤回しない!

なぜに親玉の巣窟に行ったかといえば
父が親不知を抜いたからなのだ
昨日から入院して、今日が手術

母と朝から病院に行って
手術室に入るのを見送って
出てきたときにすぐに会わせてもらった

親孝行なわたしでございますから
そこまでは親玉のことも忘れ
気丈に振る舞っていたのだが
ようやく病室に入ることを許されて
部屋に入るなり
まだろくに口も利けない父は
小さな容器に入ったものを
差し出すのである

病院で手術をすると
摘出したものを
家族に見せるのは知っていて
覚悟していたが
医師に「見ますか」といわれて
「結構です」と断る覚悟しかしていなかったのだ
当人が差し出してくるとは思わなかった

わたしは素早く後ずさりして
わたしに見せんとって!
と言ったのだが
ちらっと見てしまったのだ

親玉の巣窟は
やはり巣窟なだけあるのだった

恐怖体験の後は
甘いものを食べるのがいいのである
遅いランチにカレーを食べて
お腹いっぱいなのに
ソフトクリーム食べました。
d0024220_1732553.jpg
d0024220_1735468.jpg

[PR]
by atohchie | 2013-08-28 17:04 | ごはん/おちゃ/おかし

少年シェフ、現る

今日も、昨日の日記です。

d0024220_9595665.jpg朝、少年シェフの十八番、にんじんホットケーキ。
この色合いと、薄っぺらさが、美味しさの秘訣。
にんじんが入っていても、にんじんの味はしません。
ジャムも、メープルシロップも、よく合います。
で、少年流の食べ方は、こんなふう。

少年シェフのホットケーキを見ますか?
[PR]
by atohchie | 2013-08-27 10:15 | ごはん/おちゃ/おかし

大好物の日

d0024220_2203232.jpgはい、今年のコロッケ。
大好物にもかかわらず、一年に一度、夏休みに、甥っ子がやってきたときにしか作らない、我が家の行事食になってきました。
この日記の右下の方にある「検索」の窓で、コロッケ、探してみてください。見事に、この時期、作っています。
だって、たくさんで作ると、ほんとにラクチンにできるんだもん。
丸める人、粉をつける人、玉子をつける人、パン粉を付ける人、揚げる人。
これを、一人とか、二人でやるのは、やってやれないことないけど、もちろんやったことあるけど、一度、みんなで作ってしまうと、もうできない。
むむ?……ということは、そのうちに甥たちが成長して、夏に遊びに来なくなったら、食べられなくなるのかしら。いかんなあ。ほんとに好きなのに。

向こうに写っているのは、師匠の庭の花たちです。


そのほか、今日作ったのは、d0024220_2205795.jpg果物のトライフル風。と、言っても、わたしが作ったのはカスタードクリームだけ。芸術的な部分は全て姉の作なり。
d0024220_2156165.jpgレーズンとピーナツのチョコスクエア。こういうザッパクなものは、わたしの担当分野なんですよねえ。映画に出かけた甥っ子たちがもうすぐ帰ってくるという時間になってから、おやつのないことに気づいて大急ぎで焼いて、ぎりぎり間にあって、少年たちがぱくぱく食べた後の、写真です。
[PR]
by atohchie | 2013-08-24 21:59 | ごはん/おちゃ/おかし

今日のご飯

セロリの大きなのがあったので、炒飯にします。
(これは、わたしのひらめき料理じゃなくて、お料理の本を見ました。)

ざっと、作り方。

お鍋に中華スープのもとをいれてお湯を入れて
えのきをたくさん、半分くらいに切って入れて
庭でネギを摘んできて、これも刻んで入れて
さっと沸騰したらそのまま蓋をしておきます。

セロリはたてに細切り、葉っぱは別にしてみじんぎり。
にんじんも同じくらいに細切り(レシピはほんとはたけのこでやります)
豚肉も、ほそぎり。

セロリとにんじんと豚肉を、油通しします。
油を切ります。

フライパンに油を熱して、
玉子を炒めます。
ご飯とセロリの葉っぱのみじんぎりを入れて、炒めます。
軽めに塩こしょうします。

ピーマンを粗みじんにします。
お鍋に醤油と、お酒と、スープ(となりのお鍋から少しとって)とお砂糖を入れて、火にかけます。
ピーマンを入れます。
油通ししたセロリとにんじんと豚肉を入れて少し煮ます。
炒飯をお皿によそったうえに、のっけます。

スープは、最後に味を調えましょう。

はい、スピードお昼ごはんのできあがり。

今日も、写真を撮らなかった。
[PR]
by atohchie | 2013-08-20 21:46 | ごはん/おちゃ/おかし

今日のご飯

さて、劇場通いも終わって、
もとの静かな生活に戻るはずの、月曜日。

姉の夏休み最終日だったので、静かな生活にはなりませんでした。
朝は、師匠の家でベーコンと玉子を焼いて、姉と師匠と食べ
(父は検査のため絶食!かわいそうに!)
昼は師匠の家できのこのパスタをつくって二人で食べ
(とてもうまくできた!のに、写真を撮るのを忘れた!)
夜は師匠の家で、姉二人と甥と、両親とわたしの6人で
豪華夕食を食べ(わたしはなにも料理しなかった!極楽!)
つまるところ、一日中にぎやかで、しあわせでした。
何が、一番しあわせだったかというと、
甥が、新しい職場で活き活きと働いている様子をきけたこと。
まあほんとに、良い大人になったもんだ。
オバサンたちはうっとり、してしまいました。

誰かがしあわせでいることが、
ほんとうに自分のしあわせになる、
そういう、誰かをもつことのしあわせ。
そんな一日。

【お昼につくって大成功だったきのこのパスタの作り方】
フライパンにオリーブオイルを熱し
(パスタのときは、にんにくを漬けこんだオイルをつかってます)
たまねぎの薄切りと
鶏もも肉の一口大のと
えりんぎの裂いたの、しいたけの切ったのをたくさんいれて
白ワインをとぽとぽっと入れて蓋をします。
鶏肉に火が通ったら
えのきをいれて、少ししたら火を止め
あとは余熱。
塩こしょうして
茹であがったパスタとあえて
ほんの少しお醤油をたらしました。
お皿に盛りつけて
海苔と、青じその、どちらも手でちぎったのをぱらぱら。

サイドディッシュは
かぼちゃと玉ねぎのピクルスときゅうりをわたしのマヨネーズで和えたサラダ。
こんもりサニーレタスを盛ったうえにのっけて師匠のトマトと、バジルを飾りました。
[PR]
by atohchie | 2013-08-19 21:43 | ごはん/おちゃ/おかし

夏の飲み物といえば

麦茶、
紫蘇ジュース、
そして、これ。
朝、まだ暑さがそれほどでもない時間に急いでミントを摘んで、つくりました。
甘いシロップを、つめたい炭酸水で割って、まんたろー、menthe a l'eau、ミント水、今年も。

白いお砂糖を持っていないので、こんな色です。
d0024220_21523496.jpg

36度を超える猛暑だったらしい本日、私の部屋の最高気温は32.9度で、いつもとそんなに違わなかった。ミシンを出してきて、猛暑用の部屋着を縫いました。今日みたいな暑い日に冷房も使わずそんなことができるって、ちょっとすごい。竹林と小さな庭の緑のおかげでしょうね、緑たち、守ってくれてありがとう。
[PR]
by atohchie | 2013-08-10 21:57 | ごはん/おちゃ/おかし


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル