2013年をふりかえる

さて水曜日は本の話。
……を、昨日、書こうとして、書けなくて、一日経って、きょうももう夜になって、まだ、書けません。

わたしは、東京五輪が決まった時、
絶望的だ、と思いました。

それから、どうにも本の話が書けなくなりました。
とても苦しい数ヶ月でした。
チェーホフにすがって切り抜けて、
そのあとは、ブレヒトにすがって切り抜けて
それから、どうしたらいいか、わからなくなりました。

わたしはテレビを見ませんから、
招致のスピーチなど映像でつぶさに見たわけではありません。
新聞で読んだ限りのことです。
しかも、もともと、わたしはオリンピックに限らず、スポーツ番組をほとんど見ません。
東京都民であった期間もずっと、オリンピックを招びたい人の気もちがわからなかった。

でも、書きます。

東京に五輪を招くために、日本から出かけていった人たちは、
なかでも首相は、
世界に大きな嘘をついたと思います。
福島第一原発の現状と今後は、まったく安心できる状況にはない。
何もかも不確定。
だいたい、水の動きをコントロールすることなんか、人間にできることじゃない。
アンダー・コントロールが聞いてあきれます。

五輪招致が決まった後、それまで招致に懐疑的だった人たちが
それでも何かしら前向きなコメントをしなくてはと思ったのでしょうか、
首相が世界に約束したのだから、
きっとそれを現実にしてくれるだろう、と言いました。

しかし、あれは、約束ではない。
約束など、彼にできるわけがない。
彼が約束したのは、約束を守ったように見せかけてごらんにいれます、ということでしょ。
それなら、できます。そして、それは、とても、とても悪いことです。
それは、人々を黙らせ、泣き寝入りさせること。
黙らず、泣き寝入りしない人たちを黙るまで虐めぬくこと。
死に至る労働にたずさわる人々を際限なく増やし、見殺しにすること。
安全を約束できるはずもない土地に人々を住まわせ
不安を抱える人たちを突き放し、置き去りにすること。

解決の難しい問題を考えないで済むように
気が重くなることから目をそらせ、耳をふさげるように
そちらに目を向けさせるひと、声を上げる人を
みんなが疎ましく思うような空気をつくって、
やりたいことができる国をつくること。いえ、<取り戻す>こと。

やりたいことができる国とは
人々が政治について考えない国です。
政治についての不満や
生活の不安や
解決策のみつからない難問を
考えないで済むように
オリンピックで盛り上げて、
その一方で、いろんな問題をわざわざ起こして、
ぜんぶ、隣国のせいにして、そうして戦争を始めてごらんなさい、
もう、誰も政治に文句を言いません。
難しい問題は何もかも棚上げにして
人々のいのちも財産も、すべて国のものにして
使いたい放題にできます。
戦争で死ぬのは人々であって
彼らではありません。
人も土地も財産も何もかも、彼らのものになるうえに、
苦しむのはすべて人々であって彼らではないのですから
何も怖いものはないわけです。
やりたい放題になるのです。

わたしには、あの五輪招致決定は、そのようなことに見えました。
それからは、どんなに希望を探そうとしても、希望の欠片も見えません。
政権の動きの全てが、ひとつの方向をさしているようにしか見えません。
毎日まいにち、そちらの方向に大きく動かない日が一日たりともないのです。

朝起きて、ニュースを見て、絶望することを繰り返して
2013年が、暮れていきます。
今ならまだ止められる、と思うのに、結局なにもできていない自分を
どうしたらいいのか、わかりません。
それでもとにかく、黙ってはいけないということだけは、わかっています。
どんなにしょうもないことであっても、
いのちの方向に向いていると思えることを、言い続けなくては。
そう思って、自分を励まして、日記を続けてきました。
だけど、昨日、きょうはもう、へこたれています。

ほんとうのことを知りたいと思い続けて、
本や映画を探してきました。
カティンの森のこと、ルワンダのこと、水俣のこと、秩父のこと
シエラレオネで武器と麻薬を与えられて生きる少年たちのこと、
アフガニスタンの、プラハの、沖縄の、シリアの、イスラエルのこと、
ほんとうのこと、と思えることを、手当たりしだいにかじりました。
福島にも行きました。
トゥールスレン刑務所を見に行ったりもしました。

ほんとうのことが隠されている、とずっと感じてきたからです。

今は、朝刊を手に取るだけで、ほんとうのこと、が見えます。
わたしたちがずっと、どこにいたのか、今、どこにいるのか。
そうして、ほんとうのことがありありと見えている今、
これは、違う、間違っている、認めない、と言い続けたいと思う。
こうではない。
こんなんじゃないですよ。
わたしたちは、別の世界を選ぶことができる。
恐がることさえ、やめることができたら。
[PR]
by atohchie | 2013-12-26 21:29 | きもち/ココロ/げんき


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル