架空・お悩み相談室74『息子が鍵を紛失します』

【お悩み】
現在26歳の息子のことで悩んでいます。幼い頃から鍵っ子だったのですが、鍵を持たせても持たせてもすぐに紛失してしまいます。今までに14~5本はなくしたでしょうか。同居していない時期もありましたので毎年のように新しい鍵を与えてきた感じです。ひどい時には3ヶ月もたずになくしてくることもありました。あまりにもひどいのでここ数ヶ月は母親の鍵を貸してやっていました。そうすると紛失はせず、母親の帰宅時には家にいるように気をつかうことはできるのです。お互いに不自由なのでやはり鍵を作ってやったのですが、またすぐになくすのではと心配です。どうしたものでしょうか?(神奈川県/YMMさんのお悩み)

【お答え】
全く困ったものですね。いったいに鍵というものは人間のもつ道具の中で、ナイフやお椀などに比べてよほどの新参もののくせに、人間に大事にされるからと驕り高ぶる傾向が一番つよいのです。考えてみますと鍵とは特異なもので、家を出るとき、また家に戻るときの2回しか用いられず、家の外でも家の中にも出番はなく、家の外とも中ともつかないただ1箇所にしか必要はないのに人間の行くところ行くところどこにでもついてまわるので、たいていはポケットの中にいて外を見たこともないくせに、なんでも知っていると偉そうにして、まさに井の中の蛙とはまさに鍵のためにあるような表現なのです。そういう性分ですから、鍵は機会さえあればポケットの中から滑り出し、広い世の中をわがもの顔にのさばり歩きたいという野心をいつも持っていて、だからこそ人は鍵を後生大事にしまいこみ、決して飛び出さないよう丁重に扱うという習慣を育てたわけなのですが、これは人と鍵の関係にとって決して良いこととばかりは言えません。大事にされるからつけあがり、つけあがるから無謀な行動に出ようとする、それをおさえようとしてさらに大事に……これでは永遠の悪循環です。井の中の蛙の困った性質を正すには、本来の場である野に戻して、生き抜くことができようとできまいと、蛙自身の才覚に任せるほかはないではありませんか。そう考えると息子さんの鍵への関わり方は、革命的な選択と呼べるのかもしれません。世の不正をただすべく、決して勝ち目のない戦いに挑む26歳の果敢な挑戦。なんと見上げた心がけでしょう。親御さんとしては、どうしようもない困った性質の鍵たちには、息子のポケットに入るからには、自分の力で命を賭して彼のポケットにしがみついておかなければ、きっと遺失物保管所で、虚しく引き取り手を待つ何万本の傘などに見下されながら何年も過ごしたあげく、金属スクラップとして悲しい末期をたどるほかはないのだぞと、せめてもの親心で言い聞かせてみるよりほかに、すべはないのではないでしょうか。それでも野心にまかせ、路頭に迷う道を選ぶのであれば、それは、彼らの運命として、広い世間へ送り出してやるより仕方ありません。
[PR]
by atohchie | 2003-04-01 03:47 | 缶詰製作中(書斎より)


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル