心を入れかえようと思った話。

正直に申し上げます。
買ったばかりの手袋のかたっぽを失くしました。
理由はわかってるんです。
金曜日に、太極拳教室のお仲間と、お昼をご一緒したのです。
いつものようにおしゃべりに花を咲かせていて
ついつい、そうです、調子に乗って、自慢話をしました。
つまり探し物が上手というあれです。
エッセイのお稽古に書いたやつです)
これはつまり片付けが下手というダメ話なので
自慢のうちに入らないと油断していたのですが
今思うにやはり、そうです、明らかに自慢でした。
自慢をしてしまいました。
中身が誉められたことじゃないだけにいっそう恥ずかしい自慢でした。
でも、誉められた話であれ恥ずかしい話であれ同じことです。
なんにせよ、得意になって自慢をしてはいけないのです。
必ず天罰が下るのです。
たぶん手袋を失くしたのは木曜日なのです。
金曜日のお昼までは、きっとどこかにあったと思うのです。
でも私があんまり恥ずかしげもなく、
探し物の極意なんか得々としゃべり散らしたもんだから
探せるもんなら探して御覧なさい、と、消えたのです。
やってはいけない自慢話をしているなってことは、
たぶん心のどこかで自分でわかっていたのです。
そのときすぐに、ごめんなさいと言えばよかったのです。
本当にだめな私です。
だいたい、自分がいかにダメか、を吹聴する話は
自慢話であることが多いです。
ダメ自慢なんかしてはいけません。
まったくよろしくないことです。
買ったばかりの手袋は、明日、新潟に行くために買ったのです。
明日の昼間の気温は2度だそうです。
日本にだってもっと寒い町がたくさんあるわけで
たいしたことはないといえばそうなのですが、
私は、昼間の気温2度というのは初体験です。
普段の手袋じゃ心もとないと思ったのです。
だから、よーく吟味して温かいのを買ったのです。
なのに、出発の前日に、こんなことになりました。
家の中を探し、コートやかばんのポケットを探し、
もしやと思って母の家も探し、
散歩の途中で失くしたのかと、森をさまよいましたが
いくら自慢の「良い目」で探しても、見つかりませんでした。
自業自得なのです。
しょんぼりと森を出て、家に向かう道を歩いていたら
ここのところ何度も、会えるかなと思って会えないでいたSさんに会えて
前々から私のためにとっておいてくださっていた
間伐竹材を頂戴することができました。
d0024220_21441340.jpg
おうちの中から奥さまも出てきて下さり、ご近所の方にも紹介していただけて
いつでも寄ってねといっていただいたので
なんだか手袋を探しに来たのじゃなくて
Sさんちに来たような気もちになって、とってもほっこりしたのです。
すごく嬉しくなっちゃったから、
うっかり戒めを忘れてしまわぬように、
おうちに帰ってから、姿勢を正して
「謙虚」の文字をたくさん書きました。
私はこうしていつもいつも、忘れてしまいますが
足りないなりに、「謙虚」の文字を心に刻んで生きますから
どうか、神さま、赦して下さい。
d0024220_2148398.jpg

でも、ほんとは竹を下さった時点で、たぶん赦してもらえてたと思う。
私の神さまは、こんな優しい神さまです。
だいいち、罰をすぐに下されるところが、優しいのです。
これからはなるべく毎日「謙虚」のお習字をします。
そうして少しずつ「始末」の練習をします。
おーい、ちゃいろの手袋やーい!
新潟から帰ったあとでいいから、どうか出てきてちょうだーい。
[PR]
by atohchie | 2012-02-04 21:54 | きもち/ココロ/げんき


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル