はるの目覚まし動いています

今日はなんとしても不足しきった睡眠を補充するぞと、
ほんとはとっくのとうに目が覚めていたけれど
意地になって布団にもぐって寝たふりをしていたら
うぐいすです。
去年、初鳴きを聞いたときはもっと下手っぴぃだった記憶があるから
既にずいぶんと前から鳴いていたのかもしれないなぁと思いながら
はるの目覚まし、聴いていた。

たくさんたくさんの、同時には並び立たない情報が行き交って
矛盾する情報を発する人たちが
お互いに相手の欺瞞を告発しあうこんな社会で、
自分でその情報のどれが信ずるに足るのかを判断し、
適切に選び取って行動を決めていく能力が求められるのはきつい。

自己責任というけれど、責任っていったい、なんでしょう。
失敗したら嘲られ、バカにされ、とがった言葉で傷付けられることまで
引き受け、甘んじて耐えるのが責任?失敗という結果だけじゃなく?
そんなの、おかしいよ。そんな社会は、こわい。
地震・余震・原発の恐怖にさらされる私の若い友人の中からは
「みんな違うこと言う!もう誰も信じない!」と悲鳴が上がっている。
まったく、私だってそう叫びたい。
思考がぱったり、止まってしまいそう。

けれどほんとに昔から、生き物はみんな、厳しい条件の中で
自分で判断して、自分で生きてきたんだろう。
自分と自分の家族のいのちを引き受けてさ。

(守る家族……それは生き物によって、
群れかもしれないし、連れ合いかもしれないし
一族かもしれないし、子だけかもしれないし、
卵を産むだけでさよならかもしれない。
人間が守りたいいのちの「家族」はどこまでだろう?)

だから、人間にだって、できるはず。
情報弱者をあざわらい、あるいは黙殺するのではなく
そうした人たちを含めた全ての人が
お互いを補い合い、支えあう仕組みが作られていく、
今はきっと、その過程なんだと信じます。

だから若い人たちは、失敗を恐れず、自分で考える練習をしよう。
私もがんばるよ。失敗しながら、がんばるよ。
新しい仕組みを作らなくちゃいけないとき、
たくさんの失敗は当然ついてくる。
もっと開かれて、もっと恐れの少ない、
不信の壁にとざされない新しい社会を、
今までとは全然ちがう社会を、
問答無用じゃない、話せばわかる社会を、
わからなかったら話し続ける社会をつくろう。

へこたれそうな自分を、朝からずっと、そうやって励ましています。
d0024220_13254777.jpg
写真は、うちのサンチュ。
2月15日、3回目のごちゃごちゃ亭でのお客様たちへ……
みんなにまるまる収穫され、はだかんぼになったあのサンチュ、
今ではこんなにもりもり育っているよ。

今日のほらふき道場は、我ながらいいのが書けました。
本日の【ほらふき道場】

[PR]
by atohchie | 2011-03-17 13:33 | はな/みどり/そら


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
072.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
072.gif1月23日
「どこそら会」
072.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
067.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































フォロー中のブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

その他のジャンル