缶詰生活の標準的ないちにち【缶詰度2の場合】

朝、おきて、ゆるゆると家の中をうろつきまわる。
とりあえずはお湯を沸かしてお茶を飲み、続いてコーヒーを飲む。



ゆるゆるしてるうちになんだか朝ごはんが食べられそうになったので食べる。
今朝はジャムトーストと、ミルクティとチキンサラダ。
食べ終わって新聞を読んでいたら、そうだ洗濯するのだったと思い出した。
洗濯する。
気がつくと洗濯槽の中をぐるぐる回る水流に目を奪われている。
われにかえった。
洗濯が出来て、干す。
ぶらぶらとベランダを歩きまわって何をするでもなくほんとにぶらぶらする。
思い立って母に電話する。
昨日、映画館の帰りにわかさぎの安いのを一盛り買って、あずけてあるので消息をきく。
おいしそうにできたらしい。昼に訪ねることに決める。
新聞のつづきを読む。
映画に付き合ってくれた友人にお礼の手紙を書く。
これから書く作品の参考に、一人芝居の本を読もうと考える。
図書館サイトで検索するもはかばかしい発見なし。
お宝蔵書にあるかも知れぬ。
踏み台にのり、本棚の一番上から順に、ぱらぱらしていく。
岸田國士の古いのを発見。踏み台の上で立ち読み。
素敵に色っぽい。
あとでじっくり読もうと本棚から降ろし、他のと一緒に手に持って歩く。
そーだ両親のところにクッキーでも持っていこうじゃないかと考える。
時計を見ると11時を回っている。
できるだろうとふんで、作り始めた。
思いのほか生地がまとまりにくいぞ。
えい、えい、えい。
焼けた。11時50分だ。
かごにいれてと。
定点観測地の桜はもう終わりだ。
d0024220_1530737.jpg
ベンチにかごをおいてみる。
いい感じ。
d0024220_15304629.jpg
中にはクッキーがこれっぽっちしかはいっていない。
母の家についた。正午。
犬が熱心に呼ぶので、歓迎してくれるのかと思って近づいたら「外に出せ」だそうな。
出してやる。
豆腐のみぞれ煮を作る。
わかさぎがむちゃくちゃにおいしそうだ。
一人前6匹盛って、母が気前よくサンショウもつけた。
d0024220_1531822.jpg
両親と私、三人でランチ。
なんでもない日の昼がこんなにもおいしくていいのか。
クッキー、好評。母にレシピを教える。
わかさぎとサンショウをもらう。
薔薇の消毒についての指導をうけ、木酢液と霧吹きをもらう。
庭に出て、わが家よりずいぶんと発育のいいさやえんどうを鑑賞・羨望し、
根三つ葉を掘り、コスモスの鉢をもらう。
おみやげでいっぱいのかごと、袋ふたつもって帰宅。
d0024220_15314579.jpg敷地内の別の桜を観察する。
三種類ほどの桜がきれいに咲いているが風が強くて一種しか写真がとれず。
出かけるときにも観察した竹やぶをしつこく観察する。
数日前からあっちにもこっちにもタケノコが頭を出しているというのに、いまだにタケノコ掘りご自由にどうぞの掲示が出ないのは実にヤキモキさせられることよ。
帰宅。
根三つ葉を植え、水遣り。
最初に咲いたチューリップの花びらがとうとう散り始めた。
あとで切ってやろう。
室内の植物に水遣り。
テーブルヤシがいまひとつ元気ない。
植替え時期か?
あとで調べよう。
食卓に座って、冷えたミルクティをのみながら手紙3通。
次は誰に書こうと考えながら、立ち上がり、PCの電源を入れる。
缶詰日記を書く。
現在、3時28分。
母に頼まれた花の名前を調べなくちゃ。
それから日が暮れる前に、黄色いチューリップを切ろう。
淡い色のチューリップがどんどん咲き始めている。
食卓の上に岸田國士がつまれている。
[PR]
by atohchie | 2010-04-13 15:34 | 缶詰製作中(書斎より)


阿藤智恵の「気分は缶詰」日記/劇作家・演出家・翻訳家(執筆中は自主的に「缶詰」になります)=阿藤智恵の日記です。


by atohchie

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

(104)
(19)
(11)
(11)
(5)
(1)

カテゴリ

ごはん/おちゃ/おかし
はな/みどり/そら
きもち/ココロ/げんき
ひと/たび/であい
みる/きく
ごちゃごちゃ亭(お客さま)
水曜日は本の話
お題をいただきました
缶詰製作中(書斎より)
缶詰開缶中(稽古場より)
缶詰実験室(お芝居への道)
缶詰召し上がれ(ご案内)
缶詰メモ
缶詰用語の解説

阿藤智恵NEWS

●脱原発世界会議に賛同します。安心できる明日を子どもたちに。
脱原発世界会議

●阿藤智恵サイトを更新しました
阿藤サイト
こちらをクリック
更新日:2013年12月31日(火)

◆これからの阿藤智恵◆
emoticon-0171-star.gif1月19日
「第3回JAZZ&お話ライブ」
emoticon-0171-star.gif1月23日
「どこそら会」
emoticon-0171-star.gif3月8・9日
「『えんげき』のじゆうじかん」の
小さなお芝居の会と「ちえよむ会」

●戯曲集『十六夜の月』を出版しました。
テアトロ1月号
ご購入は阿藤智恵への直接注文または書店にてご注文ください。また、ネット書店でも購入できます。


●受賞しました。
d0024220_16184139.jpg
加藤健一事務所vol.83 「シュぺリオール・ドーナツ」
念願の翻訳デビュー、果たしました!
emoticon-0166-cake.gif→本作品で、第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞をいただきました。加藤健一さん、演出の大杉祐さんはじめ公演座組の皆さん、また、翻訳作業にお力添えを下さった多くの方々に、心から感謝します。

●戯曲『死んだ女』が雑誌【テアトロ】2013年1月号に掲載されました。テアトロ1月号

★『どこまでも続く空のむこうに』の劇評をいただきました!!大変な力作です。ぜひご一読ください。2012.4.19
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland



●戯曲『どこまでも続く空のむこうに』が雑誌【テアトロ】2012年4月号に掲載されました。
テアトロ4月号



●小説『マチゾウ』で同人誌【突き抜け4】に参加しました。
突き抜け4
ご購入はこちらへ(「阿藤サイトから」と一言お書き添えくださいませ)。


★『曼珠沙華』の劇評をいただきました!!

ぜひご一読ください。2011.10.26
こちらをクリック=
劇評サイトWonderland


●公演終了しました。

Pカンパニー番外公演その弐「岸田國士的なるものをめぐって~3人の作家による新作短編集~」竹本譲さん、石原燃さんと、短編を1本ずつ書きました。私の作品タイトルは『曼珠沙華』です。
★雑誌『テアトロ』10月号に三本そろって掲載されています。
テアトロ10月号

●連載エッセイ「本日も行ったり来たり~トハナニカ日記~」
雑誌【テアトロ】2012年1月号に最終回が掲載されています。
テアトロ1月号

●日記のお題、ください!
阿藤への質問、お悩み相談、どのようなことでもどうぞ。心こめて書かせていただきます。
お題は阿藤へのメール、または、日記へのコメント(どの記事につけてくださってもOKです)でどうぞ。



●戯曲『十六夜の月』が雑誌【テアトロ】2011年7月号に掲載されました。
テアトロ7月号

●小説『ツヅキ2011』で同人誌【突き抜け3】に参加しました。
突き抜け3
ご購入はこちらのフォームへ(「阿藤のブログから」と一言お書き添えくださいませ)。


●戯曲『バス停のカモメ』が雑誌【テアトロ】2010年1月号に掲載されました。
テアトロ1月号

●戯曲『しあわせな男』が雑誌【テアトロ】2008年10月号に掲載されました。
テアトロ10月号

●石井ゆかりさんの
「石井NP日記」で
インタビューを受けました。
こちらの
「ロードムービー・その1」
で5番目にインタビューされています。

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...

ライフログ



















































お気に入りブログ

一寸の虫にも五分の魂
K+Y アトリエ一級建築...
文学座大好き
イノレコモンズのふた。
ばーさんがじーさんに作る食卓
クロアキのつぶやき
村人生活@ スペイン
Faunas & Flo...
Jam's Blog
Lily's BLOG
neige+ 手作りのあ...
世に倦む日日
身近な自然を撮る
今日のマイルス Blog
キョウハ、ナニシヨウカシラ?
にわとり文庫
百一姓blog
喫茶ぽてんひっと
Junichi Taka...
おひとりさまの食卓plus
sousouka
オーガニックカフェたまりばーる
ひとり芝居、語り、ダンス...
縄文人(見習い)の糸魚川発!
野田村通信ブログ(旧)
菅野牧園
team nakagawa
olive-leafs ...
東日本復興支援 ヒューマ...

検索

ブログパーツ

人気ジャンル